ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フェルメールと微生物の関係


日本から本が届きました。

オランダを代表する画家の一人
フェルメールと友人であったアントニー・レーウェンフックを
題材にしたミステリー小説です。

アントニー・レーウェンフックって誰?と
いうことで、この本を軽く読んでみたのですが

この方、世界初、微生物を自作顕微鏡で発見した
オランダ人なのです。

商人で、微生物研究家(学者ではない)さらに
フェルメールの財産管理人であったマルチの男性の
存在は意外に地味。

デンハーグの隣町、デルフトの
教会にフェルメール、またレーウェンフックのお墓があるとの
ことで、来週、行ってみたいと思います。

b0305124_05350553.jpg


世界で初めて顕微鏡で動く小さな世界を
見た時、どんな気持ちだったのでしょうか。

オランダは地味にすごい人物が沢山いらっしゃるので
発見するのも面白く。


ちなみにレーウェンフックが微生物を発見した場所は
アムステルダム。

現在、その地にMicropia があります。
世界初、細菌ミュージアムです。

あれも細菌、これも細菌ワールド
ショップには細菌柄タオルとか
EM菌商品もありますよ。

私がマイクロピアに行ったときは
ウンコの講義が行われていました。


一昔前は、菌というと、えっ、と嫌がられることも
あったと思いますが、腸内環境の話が盛り上がり始め

マイクロバイオームの話で世界中で
菌オタクが盛り上がり

あっちもこっちも菌の話ききますが

スタートがオランダであったことに

驚きましたし

それもフェルメールの知り合いだったというオチ。

せっかくオランダにいるのだから

こういった歴史も

どんどん知っていきたいものです。










by kuronekoryokan | 2018-10-27 05:54 | デンハーグ情報 | Comments(0)