ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ベルギーの朝は焼きたてのパンの匂い。

週末はベルギーに植物学講習会にいっていました。
今回で一年通ったことになります。

我ながらよく通ったと感心してしまいますが
それも、同じクラスのベルギー人、オランダ人の
ご親切があってこそ。

一年前には想像していなかった状態。
お友達ができた嬉しさでいっぱいです。

さて、1泊しましたので、日曜日は
街の古いパン屋へでかけてみました。

ベルギーの日曜日の朝。
7時半にはパン屋が開き、
通りにパンの匂いがします。
b0305124_05484857.jpg
大きくて、まあるいパンがベルギーの特徴。

フランス、ドイツ、とオランダの周りには
美味しいパン文化がありますが
ベルギーもまた、独自のパン文化があります。

フランス同様、

日曜日の朝はやくから
焼きたてのパン、
また、日曜日のお茶会用のケーキを買い求める方で

朝からにぎわっています。

b0305124_05484865.jpg
まだ日が上がっていないのに
人々はパン屋へと向かう。

この光景が大好きです。

生活をしているなあ、という気持ちになります。

売り場で順番を待っていると
わたしの番になり、丸いパンで茶色のはどれかしら、と
きくと、店頭にでていたのが1種類。
裏にも別のパンがありますよ、といわれて
裏から出してもらって切っていただきました。

それに
クロワッサンを頼み、お題は3ユーロ弱。

パリにいってもパン屋はたくさんあり
お買い物の楽しみはありますが、
フランス語でパンを注文できないので😨
指させる分しか買えない虚しさ。

ベルギーでフラームス語で頼んだほうが
パン屋で話も弾むもの♡

お支払いが済み

レジのおねえさま

「よい日をお過ごしくださいね」とおっしゃる。

そちらもよい日曜日を、といった後に

オランダ語だったら
Dag! さよなら

になりますが

ここはフランス語からの流れで

Salut サル―  さよなら~、またね~

というお別れのあいさつにあります。

個人的に、フラームス語大好きです。





b0305124_05484953.jpg
ずーっと前にベルギーに1年住んだことがありました。
日曜日の朝はパンを買いに行く習慣があって

わたしもそれをまねてパンを買いにいっていたこと

郵便やの配達が8時であったことや

朝が早いベルギーの生活が懐かしく。

古いアパートメントの階段を走って降りる音や
ドアが閉まる音

日曜日のパンの香り。

オランダの生活もいいですが

このベルギーの朝も大好きです。

このベルギー文化ですが

ベルギーとオランダの違いをバカにする人もいます。

発音が変だとか、いろいろ。

これも常識な話で

違いを否定的になるか

違いを楽しむかで

人生は大きく変わります。

わたしは

違いを楽しんで生きる方法を

選びました。





by kuronekoryokan | 2018-10-22 06:07 | くろねこ栄養学 | Comments(0)