ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

スイス、イタリア、フランスの混じった地域

今年二度目のイタリアです。

スイス側からイタリアへと移動しました。

約60キロも走ればスイスからイタリア、フランスの国境は
すぐに超えることができます。


今日はイタリアの谷街へと出かけました。

天気がよければこの街あたりから
マッターホルンやモンブランが見えるといわれて

ワクワク、ドキドキ

もう行くしかないだろーって話で

早起きして車で下界へお出かけしました。


今日はたぶん一生忘れないだろう風景に
触れ、

スイスとイタリアの国境の山を通過しましたが

あまりの美しさに写真はほとんど取ることもなく

その花々や空の美しさに見とれるばかりで

時が過ぎていきました。


とにかく花々の美しさに圧倒されて

いつまでもここに居たいと思いましたが

寒さに負けました・・・。

b0305124_05364009.jpg
面白いもので

スイスの通貨はフラン
イタリアはEUですので、ユーロになります。

国境付近で、手前のイタリアでカフェに入ると

飲み物が安い安い、こんな高地でも

イタリア価格で、有難く。

高地は冷えていて、上着をもっていっていなかった
わたしたちは、カフェでお茶を頂き温まりました。

ここで、数十メートル先のスイスに入ると

値段が一気にあがるんだろうね、と友人と話したところです。

飲み物飲むなら、イタリアで笑

スイス側のカフェの飲み物の値段を確認したいけど

もうお財布空だし、スイス側でお茶する余裕もなく

下山することに。

ここはセントバーナード犬の発祥の地で

わたしの子供のころの夢は

この山でセントバーナードに会ってみることでしたが

わたしたち到着したのが18時。

ワンコの勤務時間は17時くらいまでだそうで

お犬さまに会うことができませんでした( ;∀;)

ちなみにこのセントバーナード山は

トンネル通れば30フランちょっとの通行料(高い!!)
山越えしたら通行料不要です。

さすが冬は雪国、高速道路やトンネルの通行料が激高であります。
b0305124_05364040.jpg
さて、イタリアいったついでに
巨大なスーパーマーケットに立ちよりました。

期待してなかったのですが

安売りしているものが、

本気で激安で

この私が好きなパスタが

ひと箱55セント。オランダの三分の一くらいの値段に

腐らないから大量買いしてしまいました。

b0305124_05364173.jpg
さて、イタリアの谷の街で
アメリカンコーヒーを頼みましたら

これがでてきました。


エスプレッソではないですか・・・


「あの、わたしアメリカン頼んだんですけど」と

お店の方にいうと

ああ、これがアメリカンです。

足し湯をご用意しております、といわれて

お湯を大量に足して薄いコーヒーを飲みました。

ちょっと国境を超えるとコーヒー一杯の
飲み方も違いますし

常識がいろいろと違っていて

違いを楽しむのも旅の楽しみですね。
b0305124_05364152.jpg
さて、また国境の話にもどりまして

これは、スイスーイタリアのトンネルの中です。

長いトンネルで途中で国境をまたぎます。

場所によっては検問所のようなところはあるのですが

ここは、形だけ検問所があり

途中にイタリア・スイスの旗が飾ってありました。
b0305124_05364125.jpg
今回、数か国を移動しましたが

オランダ語―ドイツ語―フランス語ーイタリア語と

ちょっと動いただけでも言葉ががらっとかわるので

これも面白く。

今回、ドイツ語圏でドイツ語しか通じない場所にいたのですが

オランダ語と似ている部分もあり

けっこうわかったこともありましたし

英語が通じない場合、オランダ語で頼んでみると

話が通じたりしたので

こうなると

ドイツ語やってみたい・・と思います。


が、フランス語圏にいって

あの、独特のマッタリした音をきくと

いやっ、フランス語もいいよねーと思うこともあり

そうなると

オランダ人やベルギー人の

多言語がお得意の民族が

うらやましくなります。


by kuronekoryokan | 2018-08-12 05:57 | 癒しの旅 | Comments(0)