ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧

オランダに戻りたいと思う時

現在、1か月の予定で
日本に居ますが

昨日は、オランダ帰りたいと思いました。

理由はこの写真の下から。


内容とは関係ないですが

この古い公会堂素敵でしょう。

波佐見町にある古い公会堂です♡

b0305124_08550906.jpg
父の法事が行われた日の朝、喉が痛くなり
風邪をひきました。
その日はなんとか普通にふるまえましたが
翌日から我慢していたものがどばーっとでるように
咳と鼻水の大行進。

母は最初、南天の飲み物などをつくってくれましたが

一昨日から

痰の薬を飲むように勧められて

それを断ると

激イカリされ

ほんと、こちらの常識、あちらの非常識
あちらの非常識、こちらの常識論と同じで

このくらいの鼻水と咳ではオランダの場合

薬なしです。

自力で治るまで待ちます。

高齢者になると肺炎の恐れがありますから

薬がでるのかもしれませんが

すくなくとも私の友人は、空咳が1か月ちかく続いても

ドクターはなにもせず、でした。

「痰の薬は飲むことはできない」といっても

通じず。

今朝も母を怒らせて。

自分の中では日に日に体調もかわっていっているし

でてくるものもかわってきているので

あと2割で終わるかな、というところですが

日本で風邪ひきが嫌がられるのもわかります。

薬をのむ理由として

人に迷惑をかけてはいけないというのが基本。

痰の薬を飲むと、本来、だしてしまわなくては
いけないものが体内に残る可能性もあり

もともと自然療法で治してきているので

いまさら、ケミカルの薬はいらないよと

いうと

大概の日本人からすると

「この人、迷惑」

もしくは
「変わっている」


また、薬を出さないオランダを

「遅れている」と

思われることもあるかと思います。

実際、日本からきたばかりのオランダ在住の方などは

袋一杯お薬を持参されている方がいます。

時折、オランダ人はそれをみて

驚きの表情となります。

緊急の場合はもちろんお薬に頼る必要も

あるかと思いますが、

オランダ人の頑丈さは

薬に頼らない治癒力が基本だと

思います。


さすがに喧嘩中は

もう、オランダ帰りたいと

思いました。

by kuronekoryokan | 2018-05-17 10:54 | 自分でストレスはずし | Comments(0)