ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

真珠の耳飾りの少女にあいにいく

3月11日までマウリッツハウス所蔵である
真珠の耳飾りの少女が
化学的に調査をされていて、

ただいま、ミュージアム内に特設会場が設けられています。

ガラス張りの実験室なんですが、厳重な鍵がかけてあるらしく
一般人はガラス越しに、その仕事を眺めて、
いつもは額がある絵ですが、額なしのオリジナルの絵が
飾られています。
b0305124_03092174.jpg
最新の技術をつかい、フェルメールが当時、どのような
画材をつかっていたのか、わかるそうです。
難しいことはわかりませんが、
wikipediaには、1665年あたりの作品と書かれていて
その時代のものを、今、最新の機械をつかって
過去の調査をする不思議。
外を見ると、市電が走っているのがみえて、
年代的にいま自分がどこにいるのかわからなくなります。


さて、マウリッツハウスの素敵なところは
絵だけではなく、壁布、カーテンや、タッセルのブルーが
とっても素敵でうっとりします。



b0305124_03092118.jpg

この特注の布(に、ちがいない!)

うっとりしますよね。

b0305124_03092180.jpg
マウリッツハウスの中のブルーと
空のブルーが美しくて

青って深くて美しい色で、
デンハーグの色だなあ、とシミジミ思うのです。

そして、近場にマウリッツハウスがある幸せをかみしめ💓
b0305124_03092148.jpg
さて、この美術館には
ブラッセリーがあり、
お昼間は、軽いサンドイッチやサラダ、スープなどを
ランチにいただくことができます。

ラザニアやシチューなどもあるようです。

もちろん、お酒もありますし、

ケーキなども数種類、用意されています。

このシンプルなお皿に、ナフキン、バターの紙などに
ミュージアムのマークがはいっていて
全体的に、バランスのとれたデザインに
改めて感心します。

b0305124_03092126.jpg
マウリッツハウスにはいらなくても
このブラッセリーは別のドアからはいれますので

お茶をするだけでもお勧めです^^




マウリッツハウスのウェブサイトはこちらです。


by kuronekoryokan | 2018-03-08 07:08 | デンハーグ情報 | Comments(0)