ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ローマを歩く


やっとパンテオンにいくことができました。

長山さきさん翻訳の天国の発見

この本を読んでから、ずーっとこのパンテオンにいってみたかったのです。
実は8年前ですか、ローマにいくつもりで
飛行機も予約していたのに、突然、腰痛になり、キャンセルをしました。

あの時にいかなくてよかったと今でも思っているのです。

絶対に後悔する旅になったと思います。

そして、いま、やっとパンテオンへと足を踏み入れ。
b0305124_04443108.jpg

この建物の歴史は紀元前からになります。
時を経て、いま、今度は自分がここに足をふみいれ

そして、人類が続き、この地が崩れない限り

人々はここを訪れる、時間の旅です。


大好きな天国の発見、の本に
ここがでてきます。

オランダで別れた父親と息子が偶然、再会するのが

ここなのです。



b0305124_04443472.jpg

私は時折、地図を一度みただけで、市内全部を歩けることが
あります。フランスのリヨンがそうでした。

そして、ローマも初日のホテルを探すのにスマホを使用しましたが
翌日からは、不思議といきたかったところはすべてに
足が向き、

私の中の知らないだれかがそれを教えてくれると
いうことでしょう。




b0305124_04443660.jpg


ラファエロのお墓もありました。





b0305124_04443916.jpg

ローマというところは、もちろん歴史、遺跡が残った
街でありますが、その歴史の長さ分、人のエネルギーも
残っていて、なんとなく、なつかしさもあるような

不思議な街でした。


このパンテオンの天井は空洞になっており
雨がふると、そのまま、建物の中へと雨が降りこんできます。

その雫が気持ちよくて、まるでシャワーを浴びているよう。





b0305124_04444180.jpg

右、左をあるくのも無意識ですが

自分の知らない誰かが背中を押して道をすすんでいったような旅でした。

ローマは泥棒が修行する場所ともいいますが

時折、自分が透明人間になったかのような錯覚もおき、

なにも取られることもなく、

安心してローマを歩くことができたのも

よい経験でした。




by kuronekoryokan | 2018-02-16 07:41 | スピリチュアル | Comments(0)