ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ローマ、その美しさ

ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の一番上から
ローマを一望できます。

ルネッサンス時代からかわらぬ美しさがそこに
在りました。
b0305124_06163089.jpg
今回、ヴァチカンミュージアムの関係もあって
かなり奮発してガイドさんをお願いしたのですが
サン・ピエトロ大聖堂の説明は面白くて
いいガイドさんにつくと楽しいですよね。

このドームのどこが、ミケランジェロの作品か、などを
伺って、納得することもあり。


まあ、わたしの頭の中には

天使と悪魔の知識しかないので、
そのストーリーを思い出し、なるほど、と思うのですが
実はこのダヴィンチ・コードシリーズって、ヴァチカンは良く思っていないし
天使と悪魔の話は、まあ、許容範囲だったらしいですが
ダヴィンチ・コードは全面大否定だったらしく
当然、撮影などさせてもらえるわけなく
映画の中のすべたのヴァチカンはセットだったらしいです(汗)





b0305124_06163368.jpg

まったり、貧乏旅行でしたので、美術館にはいるのは
2か所だけ、あとは街の中で紙やさんや古い薬局に入り
お店の人といろいろと話して、購入するものを決めたり。

デンハーグにも大好きな紙やさんがありますが

イタリアの、紙専門店は品格が違うというか

所作が違っていて、

素敵でした。

お買い物の方法も、違うし

今回、ローマいってよかったことは

オランダの黄金時代がローマからも
すごい影響をうけているというのが
よくわかったからです。





b0305124_06163620.jpg


宿から出て大通りを覗けば400メートル先は
コロッセオでした。

b0305124_06163974.jpg
毎日、遺跡に囲まれてみると
だんだんありがたみが薄れてくるというか(笑)
古代と現代が交差した街に
すっかり魅了されてしまったのでした。

ローマにいく理由は人それぞれ違いますが
美食の国ですので、お食事が目的で旅行される方も多くて
それも納得。

下町のバールのコーヒーとフォカッチャ
お持ち帰りを頼んだパスタやさん

酒屋の裏で食べたカルボナーラ

どれも簡単なものでしたが、どれもおいしくて♡

はずれがなにもありませんでした。

ファストフード店の1ユーロのお米コロッケすら
おいしくて、

これに関しては

やはり、オランダからは

時々、旅行にでたくらいが

感覚が鈍らなくていいかもしれません笑

今回、シーズンオフということで
トランザビア航空が格安でチケットだしてくれていたのが
有難く。


実はこの1年、体重が3キロほど増えていて
減らなくて参っていました。
自分の生活習慣の悪さや、食べているもののことや
ストレスなども大きく関係していますが

ローマ滞在中、
修道院のシスターに頼んでいたお夕飯では3人分くらいの量がでて

下町で頂いたパスタは盛りが少なく

それでも寄り道してはジェラードやコーヒー
野菜ジュースに
クッキー買ったり

普段よりも倍食べていたのに

なんと家にもどって体重計にのったら

2キロ落ちてました。

よく歩いたことも理由の一つですが

炭水化物を食べても、一回の量が少なかったことも
理由の一つでしょう。

自分の好みのパスタが柔らかいものを好んでいることも

原因の一つ。

ローマではアルデンテな麺を食べていないのです。
どれも自分が茹でるものよりも
歯ごたえがあり、

よく噛むし、

パスタの量をかっちり計って
調理することは
体型維持にも関係することが

よくわかりました。




by kuronekoryokan | 2018-02-11 06:50 | スピリチュアル | Comments(0)