ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ロッテルダム空港からイタリアへ

立春の日からイタリアへと旅に出ました。

行先はローマ。

真冬はシーズンオフということで
夏よりも周りやすいし、なんといっても飛行機が安いのです。

トランザビア航空 を利用しました。オランダ航空の子会社です。

出発はロッテルダム・デンハーグ空港

スキポール空港に比べると、近いし、小さいし、
旅行するのはとても楽な空港ですよ。
b0305124_06101342.jpg


スキポール空港に比べると、セキュリティは甘いし
空いているので、本当にのんびりとできます。
目の前に飛行機が止まっているので、歩いて機内に移動しました。

b0305124_06101667.jpg

約2時間の空の旅。
夕方のフライトでお腹すきますので、おにぎりなどを
持って家を出ましたが、
宿について、お弁当を出して食べたのが22時。

美しい空がみえました。



b0305124_06101833.jpg

さて、お宿は一泊25ユーロの激安宿なんですが、
ここは修道院のようなもので、教会と軒が並んでいます。
朝晩のミサではフランキンセンスが焚かれて、
朝食を頂いたお部屋に移動するときにその香りにつつまれるし

朝からはミサの声で目がさめ、

華美を求めなければ、

瞑想時間としては最適な滞在場所でしょう。



b0305124_06102156.jpg

シスターが用意してくださった朝ごはんは
パン、シリアル、チーズ、バター、ジャム数種類、
牛乳やお水、フルーツジュースにコーヒー、紅茶。

朝はシスターたちはミサなどでおられません。
食堂のお当番のシスターがおひとりで朝食のテーブルを
整えておられました。


フランスの修道院に世話になったときも
朝はブリオッシュとコーヒーでした。

まさに炭水化物をコーヒーでのみこみ系の食事でしたが
郷に入れば郷に従えです。
b0305124_06102396.jpg



この美しい教会の横の建物が私たち旅行者が
寝泊まりできるお部屋があります。
ミサは二階からでも参加ができます。

b0305124_06102663.jpg
4泊5日の滞在でローマを周りましたが
半分はお仕事でした。

半分はいつも通りにナチュラルコスメを探したり
オーガニック製品を試したり、
美術館へと出かけたりして、

一番お金つかったのは
ヴァチカン美術館でした。
寒いし、列に並ぶのがいやだったので
ガイドをつけた入場料を支払いましたが

これが後から考えるととてもおかしな状態で

納得がいかなかったので、いまツアー会社に問い合わせ中です。

ヴァチカンの場合、多少の失礼をお客にしても
構わないのだと思います。
夏場などは待ち時間、5時間の時もあるそうで

呼ばなくても人は世界中から押し寄せるのが
ヴァチカン美術館。

いろんな意味で、疲れるところでした。

歩きながら、考えたことは


日本って

ヴァチカン美術館とかテレビで特集するよね。。。

テレビが一番いいかも。

周りに人いないし。。。と

現場までいって

それがわかった次第です。



by kuronekoryokan | 2018-02-10 07:40 | スピリチュアル | Comments(0)