ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

アロマの薬局コース。フランス式アロマスクール一日入学


昨日の事、以前より気になっていた
アロマテラピーのスクールに行ってきました。
家からトラムで終点までいき、バスに乗り換えた
田園風景に、フランス式アロマテラピーの学校があります。

昨日は、通年の生徒でなくても入れる授業だったので
入れてもらいました。
b0305124_01082898.jpg
朝9時半から16時半まで、ランチ30分をはさんで
みっちり授業。
先生はフランス語、ドイツ語、英語にオランダ語と
多言語でいらっしゃいますが、もちろん日本語無理😨

このアロマスクールは3年間にて
プロのアロマセラピストを育成していきます。

この一日が終わった後に、もし興味があれば通年コースもどうぞ、と
進めてくださり、まあ、お財布と相談してから決めますが
先生は素晴らしく、そして教えて下さる内容の濃さに
感激しました。





b0305124_01083158.jpg

最近、日本のセラピストさんの間でも
気になっている
メディカルアロマの世界です。

生徒さんの中にはベルギーから通ってこられている人もおり、

良い先生なのだと思います。

3年間のカリキュラムの中に

ゲストスピーカーの名前も載っていて

この方は国際的に知られているオランダ人のセラピストで
主にターミナルケアを専門にされています。
アロマセラピーと終末ケアです。



たった1日だけ参加でしたけど

質問させてもらったり、

「あ、それはね、授業1回目でのテーマだったのよ」と

おっしゃって、短い説明でしたが

丁寧に答えてくださり、感激しました。


b0305124_01083375.jpg


このお部屋が実験室です。
大きな冷蔵庫もあり、

室温では保存できない精油などが
入っていました。

b0305124_01083689.jpg

この日は精油を使っての救急箱つくり♡


b0305124_01083918.jpg

筋肉痛ローションバー、風邪によいクリーム、
不安になった時用の香りステックや
便秘のお薬(秘伝♡)
刺が刺さった時用のクレイ

精油をいれたはちみつ(私は咳止めにしました)
などなど、他にもたくさんつくって

救急ポーチがいっぱいに膨れ上がるほど
つくらせてもらいました。

注意事項として
精油をいれたハチミツの飲用期間をきっちり
守ること、
子供は7歳以下は摂取させないこと、

精油はかなりヘビーなものですから
摂取を間違えると、肝臓が痛みますので

体を傷つけることになります。

自然療法はどの分野でも量に関しての注意事項があります。
自然のものだからといって
安易に摂取することは
危険行為になるからです。


b0305124_01084151.jpg
さて、一日でこれだけ出来上がりました。

b0305124_01084462.jpg


もともとはIFA(国際セラピスト連盟)スクールに数年前から
入学を希望していましたが、タイミング合わず、
今回、フランス式のスクールにお邪魔してみて
自分にとって、フランス式が合っているのではないかな、と思いました。

このスクールの一日コースにいってみようと
思ったきっかけは

父の死でした。

このことは書くと長くなりますので

次に書きたいと思います。



なんでもそうですが、自分のやってみたいことに
寄り添ってくれる先生との出会いは有難く。


いつもは苦手なオランダ語もこの空間と人、
教えてもらえることが楽しくて、楽しくて
自らベラベラと話している自分にも
驚きますし、

好きなことや興味があることは

やる気がでるってものですよね。



こちらのゼラニウムは南アフリカからもってきたそうです。
私は北半球のしか嗅いだことがなかったので

嬉しくて

それを見た先生は

「あなたの隣にこのボトルは置いてあげるわ」と

どこまでも優しい方でした♡
b0305124_01084736.jpg


by kuronekoryokan | 2018-01-12 06:04 | デンハーグ情報 | Comments(0)