ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

デンハーグ図書館でのランチコンサート


デンハーグ図書館 のランチコンサート♡
9月最初のコンサートを担当したのはオランダ在住日本人演奏家
Toru Oyamaさん。

偶然にも、先週、図書館のランチコンサートのメーリングリストに
登録したら、すぐにお知らせが。

会場は図書館の5階。
b0305124_19221192.jpg


ショパンの調べの午後に
驚くほどにお客さんが寄ってきます。
わたし時間を間違えて30分前に到着したのですが
リハーサルから見学している方もいて、わたしも時間に余裕が
あったのでリハーサルから会場に座っていました。

b0305124_19221596.jpg
約30分間の演奏で、
曲の説明も丁寧にしてくださる、コンサートホールでは
こういったコミュニケーションがないので

サロンコンサート形式の演奏会って好きです。

普段からクラシックはよく聴きますし、ピアノもずっと習っていたので
ショパンとか大好きで、気持ちのよい30分でした。

ライヴで音楽を聴くことを最近やっていなかったため
改めて、生の音って素晴らしいなと思ったものです。

そして、今回、デンハーグの図書館に招待されたOyamaさんですが
これで3回目だそうで、お客様も彼だから足を運ぶという感じ。
後ろの席でみていると、もう孫の応援に駆け付けたという感じの
おじいちゃまやおばあちゃまがたくさん。

あらためて演奏者のお人柄だなあ、と感心したものです。

文化交流のすばらしさというのは
ここにあります。人種や国を超えて
共有できる時間を持てること。

そして、すごい癒し音楽の方なんだと思いました。

最後の曲の説明で、曲が終わった後でも

自分の中で盛り上がってくるワクワク感が残っていて

午後は楽しく過ごせたし、

なんだかとっても嬉しい日。



演奏が終わった後は皆さん立ち上がって惜しみない拍手。

普段着のクラシックコンサートは日常にあって

だからオランダの暮らしが好きです。





b0305124_19221842.jpg

9月は新学期でもあり、芸術の秋の新シーズンであります。
その一回目に日本人が演奏ってとても嬉しく。

お客様がご年配が多くて、それでも音楽という一つの共通点に
平和な気持ちで結ばれていくってすごいなって思いました。

かなりのご年配もいらして、日本人に対して抵抗感がないのだろうかと
思う自分もとっても失礼だなと思いましたが、
時折、オランダ人のご年配が日本人を戦争中の件で
嫌っているとききますので、全員がそうでないことを改めて
感じますし、私自身、インドネシアの収容所にいらした女性に
とても親切にしていただいた経験もあり、やはり人それぞれなんだなと
いろいろな想いがありました。


さて、オーガニックのお芋やさんの近くを
通ったので、ランチにフレンチフライを頂き。

ケチャップの材料はカボチャ、だそうです。



b0305124_19222260.jpg


ショパン聴いて
ジャガイモ食べて

その後はマウリッツハウスの新しい展示へ。

タイトル、ご近所さん 

前回の展示の際はたしか5,6回いきましたが

今回のは、あまり興味なく、さらーっとみてきました。

なんでも好みがあるものです。苦笑

b0305124_19222523.jpg

by kuronekoryokan | 2017-09-09 19:19 | デンハーグ情報 | Comments(0)