ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

小林麻央さんの死去に想うこと。



小林麻央さんの死去のニュースで
あまりにも若すぎた死に、多くの方が悲しんでおられます。
わたしもこのニュースを見たときに、ショックでした。闘病ブログを拝見すると
もう先が長くないとわかっていましたが、
その日が訪れたことに、深い悲しみがあります。

最後はオレンジジュースだったのですね。




父が他界した時、79歳でした。
高齢者が亡くなるのと若い方が亡くなるのは、心身ともに受け止め方が違います。あまりにも若すぎた死に
父が亡くなった時よりも、麻央さんの死去を聞いたときが死について深く考えたかもしれません。

海老蔵さんが最後、麻央さんが愛してるといって息を引き取ったとおっしゃっていました。
人間は生まれてくるとき、産声が第一呼吸、息を吹きだしてこの世に生まれてきます。

そして、最後は吸い込んで終わります。

最後、海老蔵さんが麻央さんのところに到着するのが間に合ったことが奇跡のように思えます。

どんなに立派に生きても、早すぎるお迎えは残念としかいえません。

このインターネットでどこまでも検索できる世の中、心無い言葉を吐く人もおられるようです。

最後のオレンジジュースですらも、糖質制限をわかっていない、という書き込みを見つけました。

それは、健康、栄養うんぬんの前に、人間としてどうかと思える発言でしょう。

家族が絞ってくれたその一杯の飲み物を感謝して飲んだ、

その意味は大きく、麻央さんが伝えたかったことの一つではないでしょうか。

私は自然療法を用いる人間ですが、病気の治療に関しては個人の選択で、抗がん剤をつかった治療でも
その患者さんの選択ですので反対はしません。

父の最後の2時間が私にとっては苦しみでした。
日が立てば経つほど、あれでよかったのかとか、苦しかったのではないかと悩む日々、

その時に姉の友人で、昔、大病院に勤めていた看護師さんが大切な話をしてくださいました。

我が家の看病の話をすると、

もうおじちゃんは満足しとらすよ!医療や介護の世界を超えたところにきている、もうそれで
いいと。

自宅で最期を迎えるか

病院で最期を迎えるか

我が家は病院が最後でしたが、

今回の麻央さんのように自宅で最期を迎えるということをこれから考える人も増えるかもしれません。

小林麻央さんの存在は

いろいろな意味で大きすぎました。

今は苦しみも痛みもなく、肉体から離れていかれた麻央さんの
安らかな眠りと、
海老蔵さん、お二人のお子さんの健康とこれからの幸せを祈るばかりです。




by kuronekoryokan | 2017-06-26 20:49 | 癒しの旅 | Comments(0)