ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

MONO JAPAN Amsterdam

今週末、アムステルダムにあるLloyd Hotelにて開催されているMONO JAPANが開催されています。日本のクラフトファンにはたまらないハイレベルな催しものです。

一年待ちました!
初日のご招待状を頂いていたので、木曜日にいってきましたよ。


b0305124_17310083.jpg




日蘭交流でやはりオランダ、長崎の関係はもちろん特別で、今回は長崎県の職員さんもPRに
いらしていました。レセプションには日本ツアーのご案内もあり、長崎くんちや
波佐見や有田の窯元さん巡り
ツアーなども企画されていて、そのチラシをみて、
「わたし長崎県出身者ですけど、長崎くんちは
テレビでしかみたことないんですけどね」と苦笑。わたしもいきたいですよ、
この旅行。


九州が強化されているというのはもう一目瞭然。

そしてもちろん、他の地域からも本当に素敵なものがたくさん集められていて、もう興奮
お昼ご飯もすっとばして夕方まで各ブースを見てまわりました。

こちらは常滑焼ですね。ずいぶんとモダンで、普段使いできるデザインが素敵です。

b0305124_17310310.jpg




で、こちらは開催されているホテルのレストランです。毎回いっても飽きないデザインの
建物で、かつでは港特有のホテル、900人を収容できる古いホテルだったそうです。その
歴史ある建物と当時の荒れた地域の活性化に文化や芸術を組み合わせたコンセプトで
再オープンしたのがこのホテル、アムステルダムから高い文化を発信する場所として
注目を浴びています。



b0305124_17310656.jpg






そして、昨年のお茶ワークショップでも大人気だったのが、こちら長崎県、彼杵茶のブース。

茶器は自分でえらべて、お茶も好みを伝えると、丁寧にいれてくれます。

お茶をいれる姿もスマート。しばらくオランダいたらどうですか、というと

俺ら、茶畑ありますんで(笑) 軽く断られました笑


b0305124_17311070.jpg




昨年はたくさんのご縁があり
オランダで初めて開催された日本茶インストラクター協会主催のお茶セミナーに手伝いで
淹れてもらったことで、たくさんの知識や、また日本茶を海外にエキスポートさせようとするには
プロ中のプロがいらしてご案内できたこともあり、京都や静岡茶を飲む機会がありました。

そこで、あら、九州とはずいぶんと味が違うのよね、と気が付いたものです。

どのお茶も個性があっておいしい。でも生まれ故郷のお茶って遠くで飲むと
もっとおいしい、おいしさの魔法ですね。




さて、展示会はちょっと休憩、一番下のお手洗いをご紹介。

この緑溢れるお手洗いは必見です。グリーンと古い建物の一体感がすばらしく
生きてるっていう感じがします。

これはクラフト展とは関係ありませんが、普段のお家での植物の管理に
とても感化される場所です。

b0305124_17311337.jpg






そして、地下に降りてみると、なんとお茶室までできていました。

このこだわりはすごすぎます!



b0305124_17311601.jpg








こちらは広島のヒノキをつかったまな板職人さん。

私のお宿のキッチンでつかうまな板を探していたので、即決で一枚作っていただきました。
本当は自分で鉋をもって作るワークショップなんですが、作業途中で腰痛となり、しかし
けがの功名、プロにやってもらえて、よかったです。

b0305124_17311973.jpg






そしてこちらが有田焼のブース。
伝統的な柿右衛門などが展示されているわけではありません。
今までの有田の歴史と新しい風と才能が生み出したプロジェクトです。

このことはまた別に書きたいと思いますが、昨年、アムステルダムにて有田焼400周年の
記念事業が行われました。そして50年前は有田で記念式典。その時の思い出を
わたしの叔母はいまでも鮮明に覚えているそうです。この家族の思い出を聞いたときに
陶芸を通じての人とのかかわりのすばらしさを感じ、涙がでるほどでした。

b0305124_17312446.jpg




わたしは20年前に佐世保でテーブルコーディネートを2年ほど習いました。そして現在も
デンボッシュにいらっしゃる先生について、引き続き、陶器や磁器の歴史を教えてもらっています。
そこに、大好きな叔母の記憶が入り、先人たちの努力や夢が、引き続き、受け継がれている
ことをアムステルダムで知ることができ、幸せな一日でした。

今日、明日(4,5日)まで開催されています。
お近くの方はぜひお出かけくださいね。
by kuronekoryokan | 2017-02-04 17:26 | アムステルダム情報 | Comments(0)