ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

年月を経てわかること。

オランダ生活で、夢見たことや目標は、ほとんど叶いましたが、
これだけは叶わない夢です。

スケート靴を履いて、凍った運河を滑りたい。

夏は運河でボート競技、冬は凍った運河でスケートを。

この夢は、温暖化の影響で10年以上たってもかなわず。凍ったこともありましたが、偶然かいつも
オランダ外で過ごすことが多く、当然、空港で雪の為にパニックになっていました。

この靴を見る度に、夢とか、やりたかったことってなんだろうか、と思い出します。


b0305124_04473230.jpg






子供のころから、パリにいってお菓子を焼いてみたいとか、美味しいクロワッサンを食べてみたい

どういった職業に就きたいか、など、ほとんど考えることなく10代を過ごし、

当然、仕事につかなければごはんは食べれませんから、仕事しながら、模索しました。

結果、今、言えることは引き寄せの法則は本当だ、ということです。
想ったことは忘れたころに叶っている、そうではないでしょうか?

私はまもなく、ウイーンへと旅行へいきます。友人に誘われたのがきっかけで、クリムトの絵の話を
したときです。
子供のころは、ウイーンにあこがれました。天使の歌声の少年合唱団とか、
音楽や芸術の都ですから、長崎の田舎で憧れていた子供のころ、あの当時はインターネットなど
ありませんでしたから、一度見たきりのテレビや映画の映像を大人になるまで、心に焼き付けていたものです。

日々の仕事や生活で、ウイーンのことなど忘れていました。ここから飛行機で2時間で着く場所なのに
行こうと思ったことがなかったのです。希望は叶えるべき、と今、気が付きます。
友人とお鍋を食べながら、あっと言う間に決まった話で、その場で飛行機も予約して、今は
とてもわくわくしています。小さかった私が喜んでいるのです。


先日、かなり年の離れたオランダ人若者3名と意見交換会に参加をし
ました。
今、注目されている若手企業家で、すでに日本からもコンタクトを取りたがっている人が
いるほどの魅力的な二人です。
b0305124_04473888.jpg


昔は、人の中に入るのが怖かったのですが、
その壁を破り、新しいドアを開けたとき、実はとても楽しい人や事柄が待っていたことに
気が付きませんでした。

人生とは、やはり、願いはかなうものなのです。
ただ、それがいつ、やってくるかは、神様のお考え、運命といいますか、
必ず、その瞬間、ドアを開ける時がやってきます。

それを何度か経験をしてみると、どう生きたいか、働きたいかは、人に教えてもらうのではなく
自分で決めることだと思うのです。

最近の風潮で、よく意見交換というか、個人的意見を述べるブログが多くなりました。
参考にもなりますが、人と自分は違う、ということをまず、心の中におき、読み、書きすることを
お勧めします。
by kuronekoryokan | 2016-02-16 04:45 | オランダ社会 | Comments(0)