ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

クリスマスを前にお伝えしたいこと。

あっという間に一年が過ぎようとしています。

師走というくらいですから、いつもよりもっと早く時が走っていくのでしょうね。


さて、12月といえば、クリスマスでワクワクですね。

今年は皆さん、どんなクリスマスを予定されていますか^^

欧州では、クリスマスは家族で静かに過ごす日、日本のように派手に集まって大騒ぎというのと
違います。

日本は、忘年会も重なることで、いつもよりも食べすぎて、体調を崩す方も多いようです。
(昔の私がそうでした・・・)

今年は、静かなクリスマス、いかがでしょうか。

b0305124_5123252.jpg


こちらは、イギリスの農場で頂いた、クリスマスの朝ご飯です。
水に浸したお豆で作ったピラミッド、豆を消化させるのは難しいので、参加者で、スプーン
一杯か二杯頂いただけですが、後は、搾りたての野菜ジュースに、テーブルには
前日、森の中から頂いてきた木の実やグリーンたち。

贅沢な食材はなに一つありませんでしたが、
シンプルなお料理に、心が静かになった時間を今でも思い出します。

子供のころからクリスマスには、素敵なお話をたくさん読むことができました。
賢者の贈り物では、自分の一番大切なものを手放し、一番大切な人へと贈る意味。

クリスマス・キャロルでは、ケチで孤独な男性を亡霊が一晩、違う世界をみせてくれて、クリスマスの朝になると優しい男性に戻っていて、人助けをしたこと。

中でも一番印象的だったのは、若草物語にでてくるクリスマスの朝ご飯。
父親が戦場にいってしまい、母と娘たちのクリスマスとなります。
クリスマスの特別な朝ご飯を前に、母親はそのごちそうを、貧しいご家庭に贈ることを提案します。

娘たちはお腹をすかせましたが、火もあるかないかの家の子供は、その贈り物に喜んだのです。

クリスマスは
誰もが、誰かに優しくできる特別な日なのです。

ぜひ、皆さまも、今年は、外で食べる回数を一度、減らして、知らない誰かに施しをして
みられたらいかがでしょうか。

どこの国に住んでも、「本当のクリスマス」を、味わえると思います。

お薦めは
まったく知らない方にお金を渡すことです。

不思議と気持ちが楽になります。
by kuronekoryokan | 2013-12-04 07:00 | くろねこ栄養学 | Comments(0)