ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

神からの贈り物 風車から

さて、今日は小麦粉やに買いものにいきます♪


こちらです。

じゃん☆

b0305124_5295274.jpg



今もオランダでは風車で粉を挽くところがありまして、
こうやって、中では注文に応じて、袋にいれてくれるのです。


b0305124_5343922.jpg


計りは昔からの、量りを使って、計算機などございません。
おばさま方は、紙と鉛筆で計算をします^^

おばさまの後ろに並んでいるバケツにそれぞれの種類の粉が入っているのです。

わたしのお買いものは
強力粉を一キロずつ袋にいれて、3つ。
ライ麦も一キロずつ袋にいれて、3つ。
これは酸化を防ぐためです。

この日の強力粉は、この風車で挽いた粉です。
ライ麦は、よそから運ばれてきたものですが、よそからの粉は、すべて、「風車組合」によって
風車同士で、粉を仕入れています。

「あの、私、今、すべてのものを近くの作物で料理するのに試してます」といったら、

今度は、ライ麦を風車で挽く日にいらっしゃい♪といわれました。

栄養学なんか勉強してたら、最近は、腸の関係で、粉は控えるようにいいますけど
粉って本来、神秘的な食べ物なんです。

この風車でしたか、すばらしい言葉が書いてありました。

風は神からの贈り物である。

その吹かせてもらった風を風車は受けて、粉を挽く、なんと神秘的なんでしょう。
吹く風で周る羽の音は力強く、聞いていてとても気持ちがいい。

b0305124_5563627.jpg



いつから、わたしたちの食べるものは、世界中からやってくるようになって
無機質な世界で運ばれてくる食品になんら、疑問も持たない時代になって、
このような風を受けて挽かれた粉を頂くと、やはり、いろいろと想うことはあります。


風車の上、作業する場所に掛っているこの言葉。

Wij maken met plezier het graan tot meel voor mens en dier.


わたしたちは喜びを持って人と動物の為に粉を挽きます。

すばらしい言葉ですよね。


b0305124_5463026.jpg



昔、祖父母の家で、粉をもらったことがあります。
それは石臼で挽いた粉で、それでケーキを焼くと、それはそれは香ばしい味でした。
10代のころにすでに、その味を知っていたので、

こうやって、神様から贈られた風に挽かれて粉が食卓に上がってくる喜び

静かな幸せですが、

こうこったことが、感じることが難しい今、

いい暮らしをさせてもらっているな、と感じています。
by kuronekoryokan | 2013-10-28 05:52 | くろねこ栄養学 | Comments(0)