ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆ チャリスウェルフラワーエッセンスプラクティショナー&ハーバリスト見習い中


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カウンセリングを受けてみて

さて、昨日の続きになりますが、

このロンドン ホリステックヒーリングカレッジでの2週間のコースの後は、2年以内に課題をすすめて
提出後、査定があって、正式にディプロマが降りるというシステムで、課題の中の一つに、自分自身で
カウンセラーにつく、という項目があります。

インターネットで調べれば、でてくるでてくるカウンセラーの数に、圧倒されますが、自分を担当してもらう方は、まずこのコース期間中に溝口あゆかさんのアシスタントを務められたひろこさんにお願いをしました。

お願いした理由は、まず、2週間、同じ教室で過ごしてとても安心感が持てる方であったことでした。
信頼関係が2週間のコース期間中に築かれていたので、お話していても緊張することなく、笑いあり、涙ありのセッションで、おお泣きした日には、なんと、私のコンピューターまでもがショートして、ぱちーんと飛んでいってしまったこともありました。


同時期にあとお一人、セッションを担当して下さっている方に、
チューリッヒ在住のアルトハウス純子さん、にお願いをしました。こちらは、ルドルフ・シュタイナーの人智学をベースとしたバイオグラフィーワークという手法をつかって、自分の人生のサイクルを読み解いていきます。

今現在おかれている状況や、課題、問題というのは、すでに過去、現れてきており、今回でそれを
どう進めるか、これをみていくと、実に人生というものは、なにかが巡り巡ってきているということが解るのです。


さて、長くなりましたが、

わたしの軽自動車の運転は
勉強しても、終わっても、だから、それをどうしようか、という次の段階に踏み込めませんでした。



それを深く考えさせられることになったのは、ずばり家族の病気の件でした。年明けから
わたしって、もしかして、独立せざる得ないのか、どうすんの、私!という不安が覆いかぶさってきて

寒い冬に、どーんと落ちていきました。こんな時になって、はじめて「当事者しかわからぬこと」と
いうのがあり、よくセラピストが相談したら、ま~よさそうなこといってる方いますけど、
はっきりいうと「あんたにうちの気持ちがわかるかい!」てとこです。

そんな、こんなで、芋ずる式で、「一つ」だった問題から、ごまかしてきたこととか、
忘れたかったこととか、どしどしと地下から掘り起こされてきて、もう逃げるわけにもいかないし
この芋の処理をひろこさんとやることにしたのです。

4月くらいから初めて、
8月には、心理的な大きな変化が訪れました。

すぐに劇的な変化というのはありませんでした。

ひろこさんに
「ねー、世間では劇的変化とか即効性があるセッションがあるっていうけど、わたしにはなんかそれないですね」というと、ひろこさんも、「なかなか、それはねえ、ないよ」とあっさり。。。


あ、っと思った朝がありました。

それはひろこさんとセッションした日から数日後のことでした。

その時は、将来の自分を深くイメージしてごらんといわれて
目をとじて、見える私という人がどんな服を着ているか、どこにいるか、きかれたので
イメージの中にある色を伝えました。

ずいぶんと綺麗な色だった。そんな服を着てたというと、時々はその人に会いにいって下さいと
いわれました。


数日後のこと、
朝からタンスの中をごそごそしていると
奥底から、一枚のスカーフがでてきて、

ぎゃーーーーーーっと叫ぶほどに、びっくりしたのです。

まさに将来の自分が身につけていた色で、つまり、わたしは、自分ですでに選んで、持っていたものを
奥底に仕舞ったまま蓋してたということ。高価な贈り物でしたので、もったいない、とおもって、タンスの
奥へ・・・。それもまったく記憶から消してた訳です・・。

わたしは自分で望んだことも、やったことも、こうやって過ぎてしまうとタンスの奥底に
自らしまいこんでいたことに気がづき、

今度、やっと、「しまいこんでしまっていた自分の癖や行動、理由」に対して、ワークすることに。

手放してしまったこと、
いくら後悔しても戻ってこないし、

よし!1からスタートだな、と気持が切り替わったのが、8月最初。

で、やっとくろねこ旅館ブログを始めたのが10月でした。

好きなことや、やりたいことをこれからは形にしていこう、それが一週間に一度の割合でも
今は精一杯、自分のペースで形つくっていく、これが今の私の課題です。

自分の人生、デザインするのは、自分しかいないですからね。
by kuronekoryokan | 2013-10-13 08:50 | 自分でストレスはずし | Comments(0)