早起きの利点

4日前は日本にもどってくる
予定がありませんでしたが
今朝は地元の大村市を朝5時半に
歩いています。

父が入院したときいて
帰ってきたのが帰国の理由ですが
症状が落ち着いているため、
朝と夕方に2回、見舞いにいっています。

b0305124_20573857.jpg
まもなく菖蒲の季節ですが
大村公園の菖蒲園にはパラパラと花が
さきはじめ、季節の移り変わりを感じます。

菖蒲、大好きな花です。

早朝に菖蒲園を歩くと、いろいろな品種があり
色の違いなどをじっくりみていると
鳥の歌声に澄んだ空気、

生きてる。という実感。



b0305124_20574071.jpg

植物学、フラワーエッセンスや畑仕事や趣味で
習っていた野草のコースなどいろいろと
いきましたが、

早朝のウォーキング中に
シロツメグサの香りに気が付き

それからは桜の木を眺めて、花はすでに
終わっていますが、品種の違い、名前に違いを
確認しつつ、大村公園を歩きます。

植物を知るというのは
習うことばかりではありません。

植物の声をきくのは

大きな気が付きで

素晴らしいものです。



b0305124_20574236.jpg
帰宅したのが0620分。まだまだ早い!
Eテレをつけて、英会話の番組をみて
ラジオ体操の時間です♪

真剣にやると汗がだらーっとでます。

ラジオ体操、真剣にやるといいエクササイズですし

なんといっても無料。

この朝時間、はまりそうです。

さて、明日もお見舞いです。

介護とは、もちろん国の支援も必要ですが
人間は一人では生きてはいけません。
家族や知り合い、友人が共に助け合って生きることを
考える時代にはいっているようです。
オランダはその点、この考え方は先にいっています。

自分が介護する身になってみると
仕事、育児と介護をぜんぶ一人でやるのは無理だし

どうにかして、上手にコミュニケーションを
とって前向きに介護をすすめることが

大切ですよね。





# by kuronekoryokan | 2017-05-06 20:56 | 長崎県 | Comments(0)

遠い空の美しさ

美しい空にうっとり。
今日、日本に到着しました。
b0305124_20212445.jpg



アムステルダムーヘルシンキー成田ー羽田ー長崎と乗り継ぎました。

家について、風邪ぎみの母にかわり
父の入院している病院に自転車でむかいます。

家族協力して
介護です。


父はもう話せませんが、私の声を聞き
涙を流していました。介護4となり
寝る時間が増え、意志疎通が難しいですが
気持ちが繋がっていることを実感しています。


明日も病院です。

出来る限り父の傍に居たいと思います。
# by kuronekoryokan | 2017-05-05 20:15 | オランダ移住関係 | Comments(0)

オランダのブルーベルの森

今日の午後、デンハーグにある
ブルーベルの森へといってきました。

平日で雨の午後、すこし晴れ間が
でた16時、静かな森の中です。

一年に一度だけ青い絨毯になるこの
時期が大好き。

明日、飛行機に乗る前に、この青い絨毯を
みたいと思い、畑仕事の後にいってきました。

b0305124_02170039.jpg
この森はデンハーグ郊外なので、中央駅近辺に
お住まいの方からはとても遠いとおもいますが、自転車や
車でいくことができます♡


森を歩きながら、鳥の声をききながら
しばし瞑想の午後。

無になれる場所です。
b0305124_02170400.jpg
雨が降る日でしたので
長靴をはいて畑に。

明日から1か月いないので
雑草を抜き、ラディッシュを全部引き抜き
すこし整えてから日本へ向かうことにしました。

このように長期で家をあけるとなると
畑の雑草抜きなどは人に頼まなくては
いけないのですが、快くやってくれる人が
いるので、助かります。
b0305124_02170819.jpg

うちは築110年の古民家風の長屋
なので、このようにドアのちかくにストッパー(ふくろうさん)
を置いておかないとドアを閉めるたびに
音が響くので、ふくろうさん、大活躍です。

これが↓市民農園です。
最近、みんな真剣に畑仕事やっていて
わたしのショボい畑がちょっと貧弱・・。


b0305124_02171214.jpg
さて、お久しぶりのうちのくろねこさん。

どうも外で猫と喧嘩したらしく
すごいハゲができています・・・。

私が帰ってくるまでに
傷が治っているといいのですが。

b0305124_02171685.jpg
さて、明日はヘルシンキまでフィンエアー
ヘルシンキー東京はJAL

直前の予約だったので、座席指定はできず。
JALに電話して窓側をリクエストしましたが
願いはかなうか・・です。
座席に神経質な方は事前にJALの
カスタマーサービスに電話して相談すると
リクエストをいれてくれます。
すべてのリクエストに応じてくれるかは
解りませんが、いままでほとんどリクエストは
通りました。明日も期待したいところです。

# by kuronekoryokan | 2017-05-04 02:15 | デンハーグ情報 | Comments(4)

欲しかったお茶器セットVilleroy & Boch


南フランスに旅した時に泊まったオランダ人オーナー
の素敵な宿で朝食をとった時にこのカップと
出会いました。
ドイツ老舗の器です。

すでに製造中止となっている古いデザインで
オークションで競り落としました☆

b0305124_01010386.jpg
売ってくださったのは、海辺のリゾート、ノールドワイクと
いう村にお住まいのご夫婦。
こんなにたくさん譲ってくださって感激。

今、テーブルに並べてムフフとにやけています。


b0305124_01010707.jpg


Marktplaatsで購入。
これを欲しかった人はあと2人でした。
一番高い値段を出したのが私だったんですね。

b0305124_01011015.jpg
このチューリップ畑のすぐ近くのお家から
我が家にやってきた食器ちゃんたち。
譲ってくださる方の住所などをみても
安心できる方々と思い、午後に尋ねました。
おまけまでくれました笑う





b0305124_01011467.jpg
リゾート地でありますので
素敵なカフェもビーチにあり、ここでお昼を頂きました。
ハーグの海小屋と値段が違う。こちらが割高!


外にでると子供たちが浜辺のブランコを
楽しんでいました。



b0305124_01011763.jpg
さて、日本行きのチケットも予約できて
明後日の便で帰国します。
こうなってみて、家族が危篤の時の
緊急帰国に際して、航空会社はどのような
対応をとるのか調べている途中です。
今回は、父が入院ということで、緊急には
あたらず、有難いことですが
この海外暮らしで共通してのお悩みが
この家族が危篤の際の緊急帰国です。
航空券は場合によっては激高の時もあります。
その際にさっと支払えるのかというのも
余分に予算を組んでおくのも
海外生活では大切なことですね。



# by kuronekoryokan | 2017-05-03 00:58 | オランダで起業 | Comments(0)

遠くで家族を想う時

父が入院したと聞いたのは今日のお昼、
認知症と診断されて5年目

お別れが遠くない日であることを
実感する日々です。

このように遠方に住む私を父は待っていて
くれるのか、という想い。

b0305124_04511566.jpg
今日、明日という状態ではないにせよ
一度帰国することがよいのではないかという
家族の意見に賛成で、近日中に長崎に戻るかもしれません。

遠方にすんでいると、死に目に会えないことも
多く、それは昔からいわれていましたが
いま、その時が遠くないことを考えると

街を歩いていても、涙がボロボロとでてくる今日。

海外生活をしていると、同じように遠方であるゆえ
持っている悩み、大なり小なり苦しみを抱えて
生きているわけですが

同世代の友人たちもすでに何人かは
ご両親を見送っておられていて

これも人生の一つ、迎えなければいけないドア

どうして涙がでるの

それは父を失うことが悲しいからであり

これも一つの愛であることを

全身で感じるのです。

ほとんどの年数、親子としてコミュニケーションが
うまくいかなかったのに、この2年は
父の症状が進んだことで、
ある意味、穏やかな時間を持つことができました。

認知症を否定的にとらえがちですが
昨年からの父との一種の霊的な体験は
素晴らしいもので
すべてが悪いことではないと
思うのです。

父の認知症の記録はいつか、ここに
書きたいとおもいますが

今は父ができたら回復することを
祈っています。





# by kuronekoryokan | 2017-05-02 04:50 | オランダ移住関係 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧