<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一つのヨーロッパがなくなる日。

イギリスのEU離脱問題ですが、
このニュース、田舎に引っ込み、インターネットのないところで自己ワークしていましたので
翌日、知りました。まさか、まさかの離脱な結果ですが、実は、意外と離脱票が増えるんではないかなと
思っていたんです。

というのも
どうせ、残留だから自分くらいは、離脱にいれとこー♪をなにも考えずに
票をいれる人がいるだろうと予測していました。やはり蓋をあけたら、離脱になっていた。057.gif

今回の騒動で、再投票とかいっていますが、結果が悪いからといって再度やるというのは
投票の意味がない。

金融街にお勤めの方や、中流以上の生活で、常識がある人は残留の意思表示をしていました。
ところがです、そんなお利口さんばかりじゃこの世の中はない。

12年前にロンドンに住んでいましたが、当時、わたしはロンドン一等地の大きな家で
住み込みのこもりをしながら、昼間、学校にいっていました。
一等地に住むと、世間がわかりません。学校にいくと、いわゆる、ロンドンの郊外のほうの暮らしの
ことをいわれたり、子供の肥満が多いとか、中学卒業できない子がいるとかきいたのですが
そんなこと、ナイツブリッジの生活では、一人もみかけないし、英語だって、みなさんとても
美しい発音で、きれいな生活。

一方でゾーン1から郊外に向かうバスにのってみると、中学生くらいの男子が制服もだらしなく着ていて
話すことといえば、くそったれ系、おまえなんて死ね、系の会話で10分とか
残念ながら、学校にいっている意味もないし、これが大人になって、次の世代もその次の世代も
このくそったれな会話で子孫繁栄。

はっきりいうと、
そういった格差を置き去りにしたまま、一部が異常に繁栄してしまったことに
今回の結果につながっているのだと思います。

彼らに、やれ、関税やら、経済やら、企業の都合などいって脅したところで
大切なことは、その日、どこのスーパーが安いかという情報であって、

遠い金融街の話など、この世の話とは思ってない。

昔、お世話になっていたナイツブリッジの家では掃除のおばさんがきてくれていました。
そのおそうじの仕事をみつけるのでも難しく、彼女はポルトガルから移住してきている人。

子供の自転車さえ買ってあげれないと、嘆いていました。

あの子はもう20歳前、たぶん大学にはいくことはないでしょう。

現実はこうであって、

その現実にたいする不満や怒りをどこにぶつけるか、というと

裕福に暮らしている人の暮らしを奪う、ことではないかな、と思うのです。

残念ながら、今回のことで、英国の経済状態は下がると思います。

貧しいものはもっと貧しくなるかもしれないし、

以外と金融街にいる人たちは、さっさとロンドンを見切って次に渡っていき

結局は、街が廃れる方向性になるのではないかとみな恐れています。

楽観的な人はEU側と有利な経済条約を結べるともくろんでいるようですが

美味しいところばかりをとって、負の部分を受け入れないとなると

EU本部も絶対にその案は受け入れないので

やはり今回の離脱はだれにとってもお得な話はないのですが、

お得なお得でないか、の話ばかりで、そこに人間の存在を感じないので

人間として、関係性をどう築き上げたいのかを

一度、考えてみたいものですよね。



by kuronekoryokan | 2016-06-28 20:22 | オランダ社会 | Comments(0)

オランダの労働許可変更に対しての弁護士の見解

英国がEU離脱騒ぎで世間は大騒ぎになっていますが、
オランダでは日本国籍者への滞在許可の一部見直しが発表されています。

簡単にいうと2014年から日本国籍者には、オランダの労働市場に入るのが認められていたのに
2016年の10月からその条件は変更され、元のように労働許可を必要とする旨、
当事者にとっては、夜も眠れない事態に陥っているわけです。

私も私の友人たち、元同僚も、労働許可が切れて途方にくれるという経験をしていますので
今回の件は、当事者にとっては大変に辛い状態であると思います。
精神的に参っておられる方もいらっしゃるでしょう。

事の発端から、なぜオランダの移民局がこの策に転じたのか、
以下の移民弁護士のブログで詳しくご紹介されています。すでに多くのところでシェアされているようです。
ちなみにこの事務所の弁護士はかなりの敏腕で、実は私の友人たちは、すべてこちらのオフィスの
ステファン弁護士に移住手続きをお願いしています。

私の友人は、更新の際に事務所を訪れて、今後のプランを相談すると、
弁護士から、あなたのようにキチンとプランを立てている人は珍しいよ、とおほめの言葉を
もらったとか。


今回の労働ビザ変更の経緯をまとめているブログはこちら。
ADAM&WOLF Immigration 移民弁護士事務所


今回の件で、大騒ぎをしはじめた方が多かったようですが、さすがに
いろいろな経験を積んでいる方は、まずは、みんなに落ち着くように、きちんと冷静に
ブログやHPで情報を流しておられます。
私には、この移住のビザに各当していないので、今回の件は、まったく関係ないのですが
移住サービスを使われる際には、ある程度、社会経験を積んでいる方にお願いされるのが
とても大切だと思います。

ちなみにデンハーグも素敵な女性(Tさん)が移住をサポートされていますし
ロッテルダムにもライフハッカーで紹介されている方ががっちりサポート体制お持ちのようです。

ただ、今回の弁護士の見解、ADAM&WOLFが一まとめにして
日本語で流してくれたのは、さすがだと思いました。

起業ビザを正式にオランダの国に認めさせたのは、このオフィスの弁護士なので
土壇場に強いと、前から私の友人たちの中では評判なんですよね。031.gif

そして、わたしからのメッセージですが、
今回、当事者になっている皆さん、
オランダ生活長いわたしや他の方もいろいろ辛い経験をしてきています。
ビザが切れたり、退去命令がでたりと、寝れない日々やストレスで参ってしまうことも
普通にありました。それでも生きてます。あなた方にはまだ起業という道があるし
それで滞在ができないならば、帰国するしかないですが、
2年前はそれが普通だったのです。それでもみな生きているので
がんばってください。

そして、今回の事の発端になった、
滞在ビザ申請費用にたいする異議申し立てから提訴にはいった日本人女性とその話に軽くのった
の弁護士(私からすると、弁護士のほうがバカに思える)
今回の件は、人の人生をまた、大きく変えたのですから、大いに反省をお願いします。






by kuronekoryokan | 2016-06-28 01:40 | オランダ移住関係 | Comments(0)

パリまで格安バスに乗りました。

ロッテルダムーパリ、片道なんと9ユーロのバスを利用してみました。

フランス国鉄の子会社運営

b0305124_06305847.jpg


Ouibus
いくらなんでも9ユーロは破格値😨

やすいから、堪えて乗ろうと思ったけど
けっこう快適な旅でした。
トイレが最後汚れていたのは残念。

b0305124_06310561.jpg


けっこうひろい座席に
足元ゆったり。飛行機でいえば、プレミアムエコノミーかな。

スマホやノートパソコンなど使えます。
遊ぶツールさえ持ち込めばあとは
座るだけです。
b0305124_06311293.jpg


b0305124_06311880.jpg



はあい、国境きました。
b0305124_06312403.jpg


ここからが渋滞。理由は
これ。
b0305124_06313120.jpg


バスを止めて国境警備の人が全員の
passportを確認です。
二名ほど下ろされて、トランクの荷物を
確認。

厳しいセキュリティーチェックです。
悲しいのは二名とも、中東出身のお顔つきだったということです。
日本人には、このようなことはやらないのではないかなと思います。やはり、陸路からの入国は厳しくなってます。

お急ぎの方にはおすすめできません。
(  ̄▽ ̄)

座席は半分しか埋まっておらず、楽な旅でした。ただ、長いので飛行機同様に体はだるいです。

渋滞も二ヶ所あって一時間おくれで
パリにとうちゃくしました。

旅日記続きます。
by kuronekoryokan | 2016-06-19 06:14 | 癒しの旅 | Comments(0)

アムステルダムのビール専門店

アムステルダムのビール専門店に
こんなビールありました。

b0305124_04115472.jpg


貞子・・・・でした。037.gif037.gif037.gif

ホラーな感じのビール。
イギリスで出来たビールのようです。


b0305124_04120194.jpg

隣のビールもなんか怖いですよね。


店内はズラリとビールが並んでます。
b0305124_04120903.jpg



1500種類のビールが揃っているそうです。

ビールがお好きな方、ぜひ足をお運びください。
店内は、日本の酒屋さんの匂いがして、懐かしくなりました。


時折、イベントも行われていますので、菌類にご興味の方は要チェックです☆

by kuronekoryokan | 2016-06-16 04:06 | くろねこトラベル | Comments(0)

アンネフランクの家を訪ねて。

アンネ・フランクの家
を訪ねました。

子供のころ読んだアンネの日記は、当時は、まだ父親のオットーフランク氏が生きておられて
真実のすべては明かされていませんでした。
父親の死後に、実は・・・という内容の改訂版がだされて
読んでみると、ああ、アンネも普通の少女であったのだろうなあと納得したものです。

現在のアンネの家は大幅に改築されていて、昔のような小さな家ではありません。
世界中からやってくる入場者のためか22時まで営業しています。(夏場のみ)

アンネといえば、礼儀正しくて、正義感が強くて、死ぬまで、希望をすてなかったと
いうイメージがありますが、
家庭の中では、普通の女の子であったことを忘れてはいけません。
そして、同居していたピーター少年に恋をしていたこと。




b0305124_07170845.jpg

改訂版の前までは、アンネとピーターが恋人同士であったことにはふれられておらず
どちらかというと同世代の男の子と女の子の友情であることが協調されているようでしたが
二人は相思相愛だったんですね。
残念ながら、戦争という残酷な現実のもとに、すべての関係は破壊されてしまいました。

アンネの日記は、読む人の世代によっても受け止め方が違うのではないかなと思います。



この表情豊かな少女は、将来は女優さんになりたかったと記憶にあります。

そして、隠れ家の中の部屋の壁をみると、どんなに辛い時でも、部屋を自分好みに飾ると
いうことを忘れてはいなかったのです。女優さんなどの写真やポスターが壁にかけられ
日々の想いや将来の夢を日記に綴った、その想いは、今もなお、訪問者の心を打ちます。
b0305124_07171473.jpg
オランダに長々と住んでみると、
日本よりも中東問題を深く考えることもあり、イスラエルとパレスチナ問題、
また欧州におけるユダヤ社会への思いなどが混じり、

実はアンネフランクハウスに足を踏み入れることは10年以上ありませんでした。

今日、訪問してみて、

ユダヤ人やオランダ人、ドイツ人とかではなく、人間、アンネフランク、個人を見て
書き綴られた言葉の宝石は永遠に色あせることなく
今後も受け継がれていくのだな、と感じたのです。

悲劇の舞台です。しかしながら、言葉の箇所個所に希望が綴られており
逆境の時に希望を持ち合わせることは、どんなに難しいことか、と考えました。

自由になったら、というあとの言葉に
また複雑化している世界を思うと、情けなくなったり。

19時の鐘が鳴ったときに、アンネの家のすぐ近くの橋のふもとで
セレモニーが始まりました。テレビ局の車がきていたので、なんだろうと
わたしたちもそちらに向かってみると、人々は花をもっていました。

自転車でやってきた男性に、今日はなにか、あるのですか、ときくと
フロリダ州で起きた乱射事件の追悼が始まるとおっしゃっていました。

まさに、勝手な偏見や思い込みが引き起こしている事件に

改めて、平和な生活とはなんなのか、考えなければならない時期にきているのだと思います。

by kuronekoryokan | 2016-06-14 13:14 | オランダ社会 | Comments(0)

デルフトといえば、IKEAになってたな。。

デンハーグから、デルフトは
電車であっというまに到着します。
市電は現在、デルフト中心部には工事の為に乗り入れていません。

駅についたら、
じゃーん
b0305124_19300996.jpg


素敵なお姉さんが迎えてくれました。
今年はフェルメールの記念年。力入ってます。

いつもは、通過してしまうデルフト。。


b0305124_19301603.jpg


降りてみると、なんか懐かしい。中世の雰囲気を楽しめます。

昔、オランダ語のサマーコースで
観光バスに乗って遊びに行ったのが
懐かしい。


b0305124_19302546.jpg


ふふ、むかしのスケート靴?売ってます。
b0305124_19303477.jpg



フェルメールの絵にありますよね。
牛乳を注ぐお姉さん(*^^*)
b0305124_19304302.jpg



とても、歴史があって
王室とも関係が深く
なんと魔女のレストランまでも
見つけてしまった、やはりここは中世。

ちなみにこれはデンハーグHS駅。
治安が悪いと悪評ですが、
慣れたら普通です。
この駅から、インターシティートレインで
次の駅。本当にあっというまについてしまいます。

b0305124_19305222.jpg



降り遅れたらどうぞ、ロッテルダムで
遊んできてください。
by kuronekoryokan | 2016-06-13 19:18 | くろねこトラベル | Comments(0)

オランダでも作れます。簡単レシピの蕎麦サラダ

オーストラリアからお友だちが遊びにきていて、湿気もありすこし、食欲もない日曜日。

そばサラダをつくりました。

b0305124_17194023.jpg


調味料は
胡麻油、醤油、すこしお砂糖
そしてお酢です。

コツは大量に生玉ねぎのスライスを
いれること。

野菜不足でしたかた、もりもり食べました。
b0305124_17194841.jpg



そして、オランダでも急に
流行り始めたお抹茶。

b0305124_17195802.jpg


ここは、オランダか、とよくいわれますが
訪ねてくる人が健康志向が多いので
こうなります。

お肉がすきだ、という人には
もちろん、ばんばん焼きますよ(⌒‐⌒)
by kuronekoryokan | 2016-06-13 17:12 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

アムステルダム散歩

b0305124_07200889.jpg


こんな素敵な瞬間をアムステルダムで
見つけました。


みんなが幸せそうで
大人も子供もはしゃいでいます。


b0305124_07202062.jpg


今日はシドニーから友達が
きていて、アムステルダムを散策
しました。
アムステルダム特有のユルい雰囲気に
なぜ、わたしが遠い日本からここに
移り住んだかわかると
いっていました。

アムステルダムは、行く度に
旅をしている感覚になります。

日本からも移住されるかたが
最近増えているようですが
このユルさが好きでいらっしゃるかたも
いるかもしれませんね。


by kuronekoryokan | 2016-06-12 07:14 | オランダ移住関係 | Comments(0)

お野菜のはしっこが好き

b0305124_07570305.jpg


根物の葉っぱが好きですが、
通常、オランダでは、葉を落として
大根や、蕪が販売されています。


人参は例外。葉つきが売られてます。
ニンジンの葉は、サラダやかき揚げなどに
重宝します。お茶にすると体臭が消える
そうです。

大根の葉っぱ、お味噌汁と相性がよく。

こんなすこしですが、
大事にしています。笑

b0305124_07570948.jpg



さすがにいまからの大根は冬に比べると
美味しくないですけど、
消化にもよいので、わたしはよく食べます。

b0305124_07571800.jpg



伸び伸びとした大根さんです。



by kuronekoryokan | 2016-06-11 07:49 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

オランダにはないベルギーの魅力

皆さんご存じのように
オランダには山がありません。
よって山から川に向かって水が流れる
ことも見かけません。

森のプロ、先生たち清んだ森のお水を
ごくごく。極上の味です。

b0305124_23513117.jpg


先日の大雨で
川の水位はマックス( ´△`)
しかしながら、豊かな川の流れる音に
癒されるのでした。

b0305124_23514498.jpg



すべては流れていく
執着せず、ということも教えてくれます。

b0305124_23515971.jpg


こうやって自分が中年期に入り
山歩きをすると同じく、昔の同僚たちも
山に海にと、自然を楽しんでいる姿を
みると、年齢に合わせて、趣味や好み、付き合う人たちが変わってくるのも
自然なことですよね。


クローバーを沢山摘みました。
ビタミンが豊富で自然の恵みを頂きました。

b0305124_23521188.jpg



テラスで夕飯の準備です。

b0305124_23522251.jpg



こんなに素敵なスープが出来上がりました。
イラクサとココナッツミルクで
出来上がった優しい味です。

b0305124_23523273.jpg



この数日の間にNHKがキノア特集を
しているようですが、
スーパーフードは身近にあります。

わざわざ気候もちがう南米から
取り寄せて高いお金を払う価値は
どこにあるのでしょうか。

ヘルスコーチとしても、以前は
気になるキノア。
栄養よりもビジネスになっているなあと
思います。

by kuronekoryokan | 2016-06-10 23:36 | 癒しの旅 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧