<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森のバターをチーズにしましょう~アボカド~

はい、今日の食材はこちら。栄養価が高いと評判のアボカドさんです。
美容によいとのことですが、私には好んで食べるものではないので
頂いても月に一度ほどです。
もともとアボカドは葉に強い毒性があり、小動物が口にすると死にいたるほど
実を守るために毒を持ちます。
そのおかげで、人間様が食べれる肉厚なアボカドが出来上がるのですが、そういった果物の性格の為
控え目に頂いています。種となると、口にして具合が悪くなる方も
いますので、そっと外して、さようならです。本当は埋めたいのですが
猫を飼っているために、観葉植物にはできません。

種をなぜ、食べないか、それについてはまた後日、書かせていただきます。
アメリカの有名なフードライター、マイケル・ポーランさんの著書にも
登場してきますが、種には、いろいろな仕掛けがあるようです。
次世代を産む大切な種を食べる生物に対しては、自然も時に厳しい態度を表すと
いうことですね。

b0305124_03071209.jpg

さて、最近、なんでもぬか床に埋めているのですが、今回はアボカドが登場です。
簡単です。熟れすぎていないアボカドの皮をむき、実を割り、種をはずして、丁寧にぬか床に沈めます。

さて、一日、眠らせると、できあがりはこちら。別になんら、表に変化ないですね。



b0305124_03124712.jpg



一口、お味見してみますと、まあ、濃厚。016.gif


フレッシュなアボカドとは違う食感で、まるでチーズのようです。サンドイッチの具としては
お薦めかと思われます。

ぬか床は日本の伝統食品ですが、ズッキーニや、アスパラ、コールラビなど西洋野菜もとても美味しく漬かります。

さすがに、トマトはまだ漬けていませんが、

やってみる価値はあるのでしょうか・・笑













by kuronekoryokan | 2014-06-26 08:08 | くろねこベジタブル | Comments(2)

テーブルコーディネート♪

テーブルコーディネートのお教室にいってきました。
先生は、徐廷順さん。プロのフローリストでもいらっしゃいます♪

b0305124_03550032.jpg
昔の私は、2年ほど、テーブル・コーディネートの教室に通い、3年以上、フラワーアレンジの教室も毎週
欠かさず通っていました。そのくらい、この世界の美が好きでしたが、いろいろと流派もあるため、次第に
自分のいる場所ではないな、と思い、先生には恵まれていましたが、あることをきっかけに辞めました。
先生自身も異端児であられたので、大きなグループには所属されていませんでしたが、東京で開催される
コンテストには、毎回、必ずといっていいほど、入賞されていました。その先生の魅力は
「コンテスト」は重要ではなく、日々の生活を楽しむことを重点に、季節のお花や、
食器の取り扱い方などを重点に教えておられました。
またご実家にはご立派な倉庫をお持ちだったようで、あけたら、普通は手にはいらないような皿が眠っていた、
ということもある方でした。気負うことなく、楽しませて下さる魅力的な先生でした。
ある時に、経験、ということで大きなグループが主催するランチ会にでたときのことです。
ああ、駄目・・・と、すぐにわかりました。昼間から着飾った人たちに、
自分がきているワンピースが
しょんぼり思えて、さびしい思いをしたのですが、それも10分後には吹っ飛びました。

ゲストスピーカーであられた、木村ふみ先生 が会場に入ってこられた時、紺色のスーツで、飾り気もなく
一番地味で、すっきりとしたお姿に、昼間から派手に着飾っている人たちが
間抜けにみえたということです。

そして、主催者が用意したテーマは完全に無視をされて、とても大切なお話をされました。
人の真似をすることの意味、(意味がないってこと)
趣味とプロの違い、
などなど。

そして、その日、会場に設置されていた木村先生のシンプルで美しい線が描かれたテーブルをみて
自分がやっていることがまったく意味がない、ということに気が付き、
それで、辞める決心がついたということです。一人の先生につくのには、期限があって、次に習いたければ
福岡や大阪にいかないと、無理な状態でした。それをする意味がないと気がついたのが木村先生の存在でした。

そして、いま、もう一回、習いたいなあと思ったのは、お花の国いることですし
本当に好きならもう一度という、「好きなことはなんでもやったほうがいいよ」とカウンセラーの
下田屋さんの言葉にも後押しされて、今回、徐廷順さんのトライアルに参加してみました。

やっぱり楽しかった♪

先生はプロのフローリストであられるので、見せかけの美ではないのがよくわかるし、なんといっても
日常生活につかえることを教えてくださるので、ファンになっちゃいました♪

こちらは作らせていただいたアレンジメント。夏らしいですよね。

b0305124_03552403.jpg


b0305124_03550795.jpg
最後はお茶タイム、お手製のケーキを参加された皆さまで頂きました。
b0305124_03545546.jpg
こういったお教室にいってみると、面白いのが
カウンセリングの勉強とはちがってまた違うタイプの方々が集まるので
さらに新鮮ということです。

趣味が同じだと気が合うっていうのは本当ですね。




by kuronekoryokan | 2014-06-23 12:00 | くろねこディナー | Comments(0)

忙しいと料理しなくなる。これホント。。。

お久しぶりです。ブログ更新怠っておりますが、ご訪問ありがとうございます。

最近、資格試験やら、趣味やらプライベートやらで、ごっちゃごっちゃライフを歩んでおりまして
台所に立つ時間も減っておりました。
ヘルスコーチの資格、もってますけど、わたしに指導してくれるヘルスコーチが必要ってところです。
料理までできな~い☆
ということで、今週から落ち着いたので、台所ライフに戻ります。

さて、まずは、手抜きグルテンフリーおやつから。

手のひらでまるめたいびつなココナッツボール(笑)

b0305124_07374780.jpg
お砂糖ゼロ、粉類ゼロ(グルテンフリー)乳製品ゼロってところですが、しっとりなお味にしあがりました。
問題は、形がまったくいけてないってところです苦笑
材料は焼きバナナ2本、ココナッツパウダー100グラム、アーモンド粉50グラム
ココナッツクリーム1パック、塩レモン1枚。

甘さはこちらからです。黒焦げバナナ。オーブン230度度のグリルで集中焼きして、どろどろにしました。
泡立て機でまぜるだけでもうどろどろ、なんにでも使えますね。バナナの大量使いはお薦めできませんが
時には砂糖代わりの甘みに利用するのもいいですね♪



b0305124_07392472.jpg



続いて、手抜き3分メニュー。
アボガドと塩レモンのサラダ。
なに、簡単です。熟れたアボガド、包丁で潰して、塩レモン一枚をみじん切り
くるくるっとお箸で混ぜれば出来あがり。

アボガドは森のバターといわれており、美容に良いと
大好きなエリカ・アンギャルさんもお薦めされています♪

b0305124_07425351.jpg
菜の花系?フライパンにお湯をはり、平らな状態で茹でました。
フライパンで茹でるのが早いし、歯ごたえも100%完璧。
大したごちそうないですが、料理のちょっとした仕上げの工夫で
手の込んだ料理よりもおいしいことがあります。
有難いことです。
b0305124_07412355.jpg
と、手抜き一直線ライフを反省し、今週末から元に戻すべく
ふふっ、女子力アップ間違いなし♪のお教室に
土曜日はいきますの。
こちらで、またご紹介しますね。

料理+美=最高の栄養 ですからね。楽しみにしています。









by kuronekoryokan | 2014-06-19 12:00 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧