<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小さなお野菜畑始めました♪


この春は、久しぶりに小さな小さな畑作りをしております。
最新の都心部用お野菜バスケットを用意しました。まだまだ種まきは続きますが
まずは、この抱えて帰ってきた籠を組み立て、土をかかえて土壌作りです。

ハーブ、レタス、夏用におナス、などなど。

b0305124_05465575.jpg

こちらは壁を利用して、つりさげるイチゴ畑です(笑) すでにお花がさいてとてもかわいいです。


b0305124_05470108.jpg
ガーデニング用手袋もありますけどね、10分後、素手でやっていました。
土を直接触るのは私にとっては気持ちよく。手に傷などがある方は手袋が必須ですが
こうやって、ひんやりとする土の感触は何歳になっても気持がいいものです。
だから、時折は、花を植えたり、土いじりをすることが自分の体には
いいことだと、感じることができます。これがまさに体感です。
本の中の知識だけでなく、わたしには体感することが理解をあげるのに
とても必要なことだと思います。
b0305124_05471390.jpg
竹炭も金槌で砕いて、ミニ畑に投入。これは、別の鉢に使うために
砕いたものです。
ふっ、日経サイエンスが下敷きになってる・・024.gif
b0305124_05470803.jpg
以前は、京都のベニシアさん、アメリカの故ターシャ・テューダさん、
今は、ゆっくり、エディブル・スクールヤード食育菜園の本をめくり
小さな私の畑を夢みています。

ぬか床も仕込み、まもなくお野菜を寝かせ始めます。
夏には自分の小さな畑から収穫したものをお漬物にしたり、サラダに
するのが大きな目標です。


by kuronekoryokan | 2014-04-26 12:00 | くろねこベジタブル | Comments(0)

ローマ人の鍋

ザクザクお野菜きって、素焼きのお鍋に敷き詰めましょう♪

こちらはドイツ製の「ローマ鍋」素焼きの鍋をオーブンに入れて焼く
ドイツの家庭には普通に常備されているとか。

せっかく栄養学とか勉強しましたので、わたしなりに料理を楽しみながら栄養も豊かなままの調理法と
いうのを考えると、このお鍋とっても好みでした。

さて、この日はジャガイモ、白菜、おねぎ、オイル漬けトマトに
ホタテ2つ(せこっ。。。)024.gif
こちらがオーブンに入れる前です。


b0305124_04085500.jpg
さて、このローマ鍋は、使用する前に必ず、このように浸水をさせねばいけません。
鍋にしみこんだ水分が蒸気となってゆっくりとお料理が進んでいきます♪
よって、このお鍋は調理時間2時間はみておいたほうがいいです。
台所仕事などのまえに仕込んでじっくりオーブンで調理するには最適ですね。
b0305124_04041009.jpg
200度で1時間後、蓋をあけてみると、お野菜はしっとりしていました。水はまったくいれずに、
オリーブオイルと塩、コショウが調味料となります。
ちょっと時間は短かったみたいで、おじゃが、が、すこし固い食感でしたので、本来であれば、温度を下げて
2時間やったほうがいいみたいですね。

b0305124_04035643.jpg

さて、出来あがりです。タラのソテーと、山盛りお野菜(おかわりあるよん♪)

b0305124_04033836.jpg


これが原型、roemertopfです。古代のルクエというところですね。



b0305124_04041740.jpg
ちなみに私は一つもルクエは持ちません。電子レンジ調理は一切やらないのです。

なければないで、生活もできますし、
お鍋や火を使う生活をいままで同様、今後も続けていきます。

現代は、IH調理器が普及し、火力での調理が減りました。これはエネルギー的にもいままでガスを
つかっていたのとは変化して、人間の体にも変化が表れ始めているようですね。

時々、このローマ鍋調理、アップしていきますので、お楽しみに~♪


by kuronekoryokan | 2014-04-24 06:02 | くろねこディナー | Comments(0)

夏の準備♪

さてくろねこ旅館では、着々と夏の準備にとりかかりました。
日ごろ、本とかウェブで情報ばかりみてますからね~、手を動かすことを忘れているって気がつきました。

夏野菜収穫を見込んで、糠床を仕込みましたよ。

糠はオランダでも手に入ります。有料ですけどネ。

b0305124_03570966.jpg
袋をあけていると、むむっ。
香りがあまりしない。007.gif
もともと、私は長崎の田舎の人間ですので、米ぬかといえば、精米所で玄米を精米機にいれたときの
あの暖かい臭い 香ばしい香り、「わたしはいま、鶏小屋にいるんやな」と思ってしまう香りですが、こうやって
袋詰めしてあると、日も経ちますし、贅沢はいえないですが、改めて、精米機持っている方とか、田舎で
自分で精米するのが普通の方と、街の人間の暮らしは違ってくるのだなあ、と感じます。

それも田舎はこれ、もらえますが、街中は有料なんですね057.gif

さ、気をとりなして、糠つけましたよー。
捨てお野菜はカブと、スイカの皮、それに昆布と唐辛子、お塩のはいったぬるま湯に糠2キロ。

b0305124_03571400.jpg

米ぬかには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていますし、乳酸菌、酵母が繁殖しはじめ、栄養あるお野菜をさらに素晴らしいものにしてくれるのですね。
わたしは玄米を好まず、5分づき米なので、糠づけをご飯に添えると、栄養的にばっちりですよね。
毎日、かき混ぜるのが楽しくて、たぶん、一日の中のメインイベントは糠床をかき混ぜることです!

さて、乳酸菌は育つのに数カ月必要です。夏までにはすこし育ってくれているといいのですが。

で、ただいま、これがわたくしのバイブル☆

b0305124_03570240.jpg
この春から、くろねこ旅館の小さなゴミ置き場は、ベジタブルガーデンとなります。
街中でもお野菜をつくってみようプロジェクトです。

ちなみに最近は、べったら漬けをつくりました。甘酒はこちら。
b0305124_03572972.jpg
ヨーロッパのオーガニックスーパーに最近出回りはじめたイギリスからの商品です。
質もよく、お漬物をつくるのには最適かと思われますので、外国暮らしでお漬物が食べたい方、この瓶を
ぜひお求めくださいませ。



by kuronekoryokan | 2014-04-22 07:14 | くろねこディナー | Comments(0)

イースターブランチ☆

現在、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどイースター休暇真っ最中です。
今日は、くろねこ旅館、イースターブランチ作ってみましたよ♪
最近、疲れ気味で、手の込んだものはつくれませんが、
パンケーキなら簡単ですので 焼いてみました。

b0305124_06365006.jpg
風車で挽かれた全粒粉、農家で昨日買った産みたての卵、オーガニックのベーキングパウダーに
ベーキングソーダー、ライム(酸でソーダーを服らまかせるためです)
 バターミルク(日本ではほぼ入手不可)

b0305124_06195527.jpg

春らしい色のお茶、100%ロッテルダム市で採れた野草茶です。
喉のよいエルダーフラワーをこのようにドライにすると
簡単に頂けますね。
テーブルにぱーっと花が咲くお茶で気にいってます。


b0305124_06194983.jpg
パンケーキには、シロップなどを掛けなくてもこのようにフレッシュな
イチゴやキューイを載せて頂くと、自然の甘みでさらにおいしくなります。
ちなみにこちらの器は1970年代のものです。ドイツから
送られてきました。(このお話はまた今度^^)

b0305124_06200466.jpg
このサイズであれば、何枚も焼いておくと朝食にぴったりですね。
 小さくて薄いので、通常のホットケーキを焼くよりも時間は短いです。
b0305124_06195925.jpg
   テーブルに並んだものは、95%がオランダ産です。
こういった料理をしてみますと、社会を考えることになります。
 普段わたしたちが口にしている食品の流通、どこからきているのか、
それは安全であるのか その安全というのは「自分たち」だけでなく
生産されている方の健康状態も含まれます。
みんなにいい、食べ方、ということを、ここではお伝えしていきます。

by kuronekoryokan | 2014-04-21 07:05 | くろねこティーパーティー | Comments(0)

ブログ再開します。

皆さま
大変ご無沙汰しております。
ブログ更新をしばらくやっておりませんでした。
その中、ご訪問頂いた方、ありがとうございます。

しばらく、資格取得の件で、うろうろしておりましたが、ちょっと提出期限が伸びたこともあり、ホッとしております。また同時に、自分のやりたいことはなんだろうかと模索している間に春になりました。

この写真を見る度に、大事なことを思いだします。

b0305124_5595331.jpg


これはイギリスの農家で、栄養と季節のコースを取った際につくったムースです。
お砂糖も乳製品もなにも入っていません。カシューナッツや、自然の実や、野山から採って来たベリーを使ってつくりあげたものです。このメニュウには格別思いいれがあります。

それはココナッツを自分で割って、すべてをすりおろすという、それはそれは時間の掛る一品でした。
そして出来あがったものを頂いてみると、なんともいえぬ風味と、まろやかさ、
ローフードの高級レストランで頂いたことはないですが、機械を使わずに仕上げることの意味を
この日教えて頂いたのでした。

現代は、皆、忙しく、電子レンジを使う調理や
時短が流行る時代、わたしが思うことは時代にそぐわないのかもしれませんが
時には、時間を使う意味や
日常の中の美しさを探す工程を、今後も探していきたいと思います。

少しずつですが、料理や栄養のこと、ストレス解放に関係するツールに関してもつぶやいていきますので、どうぞよろしくお願いします。

先日ですか、
私がお手伝いとして所属しているハートサークルで、EFT(感情解放テクニック)に関する米国からのレポートを読み、
深く思うことがありました。

アメリカの医学博士Dr. Mercolaが書いた記事の冒頭がこのようなものでした。

しばしば見逃されがちですが、「心の健康」は私たちの肉体的な健康と癒しにとって
とても重要なことです。どんなに適切な食生活をしようと、ライフスタイルを送ろうと、精神的な障害が私たちの前に立ちはだかると、体は一番良い状態にはなりにくいと思われます。


どんなに適切な食生活をしようと、精神的な障害が立ちはだかると・・・。

ぐさっと心に刺さりました。だから、勉強を続けていると気がつきました。

以前、私のたいせつな友人がこのようにいいました。

弱っていたとき
「どんなにオーガニックとか食べ物に気をつけても、自分の心の病気は治らない、どうして」とその
一言が今も耳に残っています。

その答えは、いまもまだ見つかっていません。

沢山の本を読んでも、まだ、答えはみつかりません。

そう思うと、今回、資格取得のための提出期限を延ばしてくださったこと、また、期間を2年以上設けてくださった先生の気持ちが有難いと思っています。
by kuronekoryokan | 2014-04-20 12:00 | 自己紹介 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧