<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チベット医学のエッセンスに触れて

昨日、久しぶりにオランダにお住まいのチベット医を訪ねました。

アムチ(チベット医のこと)は、久しぶりだね、そうそう、ダライラマ法王はいま、日本を訪問されているんだよ、と
ニコニコとお話されました。

「ちょうど京都を訪問されています」と返事をすると、そうか、そうか、と。

この日は、アムチにとっても初めて講座を行う「チベット医学でつかうオイルマッサージ」の講習会だったのです。
長年欧州にすみ、その時のなか、大学で講演をしたり、また、セラピストとして、西洋医学ではなかなか治らない人を治してこられましたが、ご本人はチベット医学でつかわれているツボにオイルをつかってマッサージをされます。が、この方法を一般人に伝授をされることがなかったのです。

2年前、チベット医学のエッセンスに触れるという、一泊二日の講習会に参加をしたのが、アムチとの出会いでした。このアムチが行う「オイルマッサージ」の話しを伺った時は、帰り際に「どうしても教えてほしい」とお願いをしました。アムチは笑って、そのうちね、と答えられましたが、それがやっと昨日実現したのです。

遠方から、なんとドイツのハノーバーから、車を何時間も運転してきた女性や、またケルンなど
自然療法を自分のセラピーに取り入れようとされている方が参加をされていました。みなさん熱心。




チベット医学は究極のエネルギー療法といえると思います。
チベット仏教が深く根付いた医学で、メディカルブッタという仏様がいらっしゃって、さまざまな人間の
深いところに持つ、苦しみの根源や、嫉妬心、怒りなどが、病気につながること。

セラピストはね、いつも安定していること、そうでないと患者さんに良くない、
といいながら、わたしたちの背後に立つアムチ、そこにいるだけで、すごい気力を感じる、これが
密教、チベットが生み出した医師。
チベット僧の肩にぬれたタオルを掛けても20分後はカラカラに乾くといわれる、その気は
医師も同じく、力強く、そして暖かい。アムチがそばにいるだけで、涙がでそうになることがあります。


b0305124_77462.jpg


このようにマッサージにつかう布につつんだ、小さなボールは、すべて手作りです。

中身はスパイスです。

これはチベット北部で、昔、医者がいなかった地域、外国から運ばれてくる香辛料をつかってオイルマッサージをして、病人を治癒させていたそうです。

そして、施術開始。

実は参加者の中に、お一人、事故か火事の後遺症のような跡がある方がいました。

わたしはデモンストレーションで施術してもらったのですが、途中から彼女にかわり、アムチが
背中のほうを施術し始めると、

その人からなにかがあふれ出し、

静かな涙は止まることなく、頬をつたっていきます。

さっきまで、普通に目を閉じていたのに、

アムチは、背中のある部分に、暖かいオイルに浸した香辛料入りのコットンの小さな包みを
当てていったのです。ただ、それだけだったのです。

目のあたりにして

その空気感は、言葉には表せません。ただ、すごい・・・と、アムチの存在に、ぽか~んと
するだけでした。

体内に溜まっているブロックされている気の流れを解し、

解されていく目の前の人の変化に、深く、感謝と、人体の不思議を感じました。


昔、チベットの医者もいない寒い地域で、外国から流れてきた香辛料を彼らは薬として使用し
体にあてていったのです。
いまや、自由に行き来きすることができないチベットの地で生まれた、この技を今、自由な
私たちが受け、ほぐされる、この奇妙な現実に、よくわからない・・・という、時間の流れやら
そのシルクロードなどを渡って行った植物たちの行方、そして今、現在。いろんなことが
頭を駆け巡り、時間がわからなくなった、午後でした。

アムチは、泣きだした女性の背中を押していましたが、ちょうど、トラウマや悲しみでブロックしている
背中の場所を押したのです。この微妙なツボの位置がまたさらにミステリアスなのですが

こういった講習会を受ける度に、大いなるものから聞こえるメッセージは
わたしたちには、リカバリーできる力が備わっているということです。

その力がオフになった時に、どうやってオンにさせるか、それをアムチはご存知なのです。

最後に、
「執念とか、嫉妬とか、怒りはなにも役にたたない、手放しなさい」とおっしゃいました。
ドキっとしました。前回は「大事な人のためにすべてを投げ出せるかい?」とも聞かれました。


さ、ボールペンを持ちなさい。といわれましたので、参加者全員で、ペンをもつと、「はい、手を離して」と
いわれて、とうぜん、ペンが落ちていく、それをもう一度、また、ぽとーんと落ちていく、

そういった感じで、いやなことは引きずらない、手放すことが大事だよ、と

なんだか、心の中を見透かされたような日でした。


こちらが先生。

b0305124_7353973.jpg


お食事は奥様が用意してくださいます。チベットのモモとサラダと、あとはパン。そしてとってもおいしいブロッコリーのスープを頂きました。

先生が使うものは本当にシンプル、

油、1~2種類に、数種類の香辛料、あと椅子。施術台もありません。

「安いね~」とご本人もおっしゃっていましたが、技がすごすぎて、
オーガニックのごま油さえあれば、施術スタートできる方。

ますます、教えてほしい熱が上がってきている私なのでした。


そして、このアムチがすごいのは、
お父上の影響も大きいのだと思います。
すでに亡くなられていますが、お父上はダライラマ14世のお付きの医師であったことも
あり、息子である、わたしの先生に、伝授された大切なことはたくさんあったのではないかと
思います。
by kuronekoryokan | 2013-11-25 07:40 | 自分でストレスはずし | Comments(0)

見えない縁の糸に導かれた夏のこと。

2年前の夏のこと、
わたしは不思議なご縁にて、このイギリスの農場を訪ねることになりました。

ちょうど東北の地震が起きた2011年のこと。

ロンドン市内での夏休みを過ごすのに、友人が、一言。

直接、ロンドンにいくもんじゃない、方向が悪すぎる、といわれて、は?と思ったのですが
いわれたままに、じゃあ、北に上がってロンドン下るか、南に下がってロンドンに上がるか
します・・・と、そして、向かったのがこの農場でした。

ここは、シーズンのお料理と栄養講習会をやっていたのです。写真と中身をみたときに
一目でここに行くことを決めたのでした。

当時、IINというアメリカの教育機関で栄養学というものをやっていたのですが、
そのころ、非常に自分の中で見つからない答えがありました。方向性が、違うということを
やはり、お金かかってましたから、認めたくないけど、いや、こりゃ、わたしの方向じゃないだろうの
内部の喧嘩。IINはきちんと勉強したら、きちんとできるはずなんだけど、わたしのように
偏屈者はなんか、違う・・・と悶々と。

b0305124_6193184.jpg


誰もいない農場にたどり着いた時に、一人の女性が、玄関からでてきてくれました。

「あら、あなた、どちらの国の方ですか?」といわれて、日本人ですが、オランダから来ました、と
いうと、「よく・・・ここのことがわかったわね、ようこそ」と静かな声でいわれました。

最初の日本人だったということです。笑

翌日からの講習会でしたので、一人で、離れに泊まりました。朝から、この女性が
朝食を運んできてくれて、あなたの朝ご飯にさっき、このベリーを摘んできましたといわれて
その、心遣いに暖かさを感じ、そもそも、この家の石鹸の香りといい、使い勝手といい、
ここって、いわゆる普通でない、よく下調べしなかったものですから、なにかが、すごいということ
だけを感覚的に解ったのです。この人、誰?
b0305124_6361637.jpg


翌日から他の参加者がやってきて、サラという女性と仲良くなりました。

広大な敷地に広がる、畑や動物たち、そして、栄養学のエキスパートのディファニー先生は
その農場のお野菜や、近場でできたバターなどを使って、朝食、昼ごはんにお夕飯の講習会、
夜は、2時間ほどでしょうか、講義がありました。
朝から晩まで休みなく続く、行事?に、くたくたになりながらも、ここってなんでこんなに私好み・・と
サラにききましたら、

あなた、「彼女」がだれか知らないの?といわれて、

この農場の持ち主である、玄関で私を迎え入れ、朝ご飯を運んでくれた静かな女性のこと
が誰であるか、私はまったく知らなかったので、「知らない」と答えると、

サラは、笑って、彼女のことを話してくれました。

ロミー・フレイザー、ニールズヤードレメディの創立者なのよ、といわれて、

え・・・・・。と、鼻血がでそうにクラっときました。

もはや、アロマの世界じゃ別格の、あの方が、私の目の前にいらっしゃるとは!☆!!

一晩眠れませんでした。

翌朝、「あの、、ロミーが、ニールズヤードの創立者とは知らなかった」と本人にいうと、

静かなその人は、にっこりとわらってましたけど。

数年前に事業を譲り、この広大な農地を手にいれたロミーは、新たな目標に向かって
進んでいるのです。


いろいろと書きたいことはありますが、
私の中にあった葛藤や、疑問は、ロミーとの出会いで、すっきりと整理をされました。

「普通であることはとても大事なのよ」と話してくれた時の言葉の重み。


籠をもって、長靴をはいて、ベリーを摘みにいった帰り、農場の緩やかな丘から下る時間、
ロミーに、自分の思っていることを下手な英語で話し続けた、

彼女の答えは
本当に静かで、その世界に自分の製品を広めた女性、というよりも、本当に、普通の人間
として、大地にたつ、一人の開拓者からのもの。


クリスマス前に訪れた時、帰る間際に、二人でりんごの木へと向かいました。
その時のことは、また別の機会に書きますが

暮れゆく空をみて、渡り鳥が過ぎ去った時、彼女は

静かな声で、「この風景が、好きなのよ」と

空を指差して、言われた時の、鳥の声、彼女の静かな声、今も目を閉じると聞えてくる
とても大事な言葉の数々。

焦ってなにかをやろうとしていたかもしれない私に、普通の中の美しさを教えてくれた
人でした。

もっと
もっと、
教えて欲しいことはあるけれども、
今は、ここでできることをやって、
違う自分になって、再会したい、
そう思っています。

そして、一番不思議だったのは、私の心の中の疑問に対して、ロミーという素晴らしい女性の
前にたどり着くことになった経緯。

北にいってたら、誰に会ってたんだろう・・・笑
by kuronekoryokan | 2013-11-15 07:07 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

搾りたてのりんごジュース

ここ最近、健康ブームも手伝ってフレッシュジュースが流行っています。
街には、何か所もスムージーやさんがあって、自分で高額のミキサーを買うくらいなら、店でしぼって
もらったほうがお得かもと思い、時折、飲みにいっては、まだ希望のミキサーは手にはいってません。

ジュースを家で作りたいと思うと、どうしても二台が必要になります。一台は、スムージー用、そして
あと一代は低速圧縮搾り機・・お財布事情に厳しいゆえに、圧縮も持っておりません。

イギリスで受けた酵素の料理合宿の時には、朝からフレッシュなジュースを二種類頂いて、至福の時でした。

が、家に無いorz...


ある日どうしても、友人に搾りたてのジュースを飲ませたくなりました。
お夕飯に招待していて、泊まって翌日の朝ご飯に、おいしくて懐かしいジュースをどうしても
出したくなったのです。

出来あがったものはこれです。

b0305124_726042.jpg


搾りたてにミントを飾り、お出ししました。

圧縮搾り機持っていませんでしたが、望みどおりのものはできました。

はい、リンゴを5個ほど、自分ですりおろしました。レモンをかけて、変色を防ぎ、
消毒して干した木綿の布巾で絞り、グラスに注ぐと。

圧縮機で作ったものと同じようになり、朝から平和な飲み物です。

機械で絞っていない分、味もまろやか、まさに、昔のお母さんたちが赤ちゃんや幼児に
飲ませていた、そのままの飲み物です。

これは繊維を含みませんので、体に負担がかからないまま、30分ほどで胃を通過して
行きます。体力が落ちている人にはぴったりの飲み物です。

本当の優しい味、と、わたしが思いつくものは、この飲み物しかありませんでした。

大事な友人は、そのころ、とても疲れてました。

昔、飲んだ、美味しいジュースを思い出してほしくて、5個もがりがりと、すったのですが
おいしかったのか、
お代りを自分たちで作るといったので

はい、この夫婦に、りんごとニンジン、布巾を渡して、

日曜日の朝、笑い声と共に2杯めのジュースができあがり、静かな時間が流れました。

本当にゆっくりとした飲み物でした。

疲れた時に、休憩する意味でも、いい朝食メニューだと思います。
by kuronekoryokan | 2013-11-11 07:27 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

食べる、を学ぶことの意味。

とても大きなボールに入ったベリー類。

美しく、心の栄養にもなります。

b0305124_4193134.jpg


さて、今日は、栄養というカテゴリーについて、私の考えをまとめておきたいと思います。

私は2年前ですか、アメリカの栄養学校の授業を通信で受けました。受けた理由は、長年の
健康オタクから一階段上がろうという考えでした。

証書をもらって
その後、というか在学中から考えていたことなのですが
私は、なにがやりたいのだろうか、とその答えを探す旅が始まりました。

はっきりとした答えを出してくれた、ある女性に関しては、後日、ここでご紹介をさせていただきます。

今日の朝日新聞のニュース、米国のニュースではその前に、「アメリカ全土でトランスファットの使用が全面的に禁止される流れになる」と読み、これは大きな転換期となってくれたら良いのですが、使えなくなったものを米国外で使用させるつもりではないでしょうね・・・と、疑惑も心の中で同居しております。

わたしは9年前に、トランスファットに関しては、危険な食べ物だということをロンドンでお世話になって
いた方に教えて頂いた以来、出来る限り自分の食生活からは除外してきました。

また、もともと、スナック菓子や箱菓子を食べない人間なもので、除外するのは、難しくありませんでした。

わたしは子供時代から、
母親にスナック菓子はほとんど与えてもらえませんでした。
といっても、我が家は、早くから、35年以上前ですが、母はガスオーブンを購入し、わたしたち姉妹に
田舎では珍しいピザを焼いてくれたり、フライパンではクレープ、おやつをよく作ってくれました。
おやつにみかん、お菓子がなければ、おにぎりと、
実は、子供時代に、その市販のお菓子の味をあまり知らなかったせいか、添加物に汚されるということは
ありませんでした。

ある日、朝からめずらしく、お使いにスーパーにいき、食パンを買ってきたのです。
トーストしたパンを噛むと、薬の味がして、吐きだし、母に食べたくないと言いました。
残すのはご法度でしたが、母も食べてみて、もう食べなくていいといったのを覚えています。
あれが、防腐剤の味でした。

それから早々と自分でお菓子をこしらえるようになり、市販のお菓子も気になりましたけど
自分で作るほうの楽しみにはまり、売っているお菓子よりも本の中の美しいお菓子に心を奪われました。

いま思うと、母はなぜ、あんなに食事に気をつかっていたのでしょう。
高齢になって、面倒なのか、スーパーのパン買って焼いて食べているのをみて、
やめてほしいというと、他に売っているところがない(田舎は本当にそうなのです)といわれて、
その場で作って見せて、たべてもらうと、たしかに手作りはおいしいわねえ、と言ってはくれます。

母は特段、学校でお料理の勉強をしたとか、そういうのはなく、
美しい、美しくないで判断してきた人のようです。

お野菜でもゆで上がりが美しいと栄養はのこっているし、
お弁当でも、自然の色が豊かであると、とても栄養にあふれたものになると
教えてくれたのは母でした。

盛り付けも、べちょっと盛ると、もう一度、
綺麗にみえるまで、何度もやりなおすこともありました。

出来あがりがきれいか、きれいでないか
味が自然に美しいか、

これを極めることで、おのずと栄養のバランスはととのってくるのではないかと思います。

おかげで
わたしは添加物のひどくはいったものを口にすると、すぐにわかって
吐きだすし
実は食べれないものが多いので、中華レストランなんかもいけないんです。
アレルギーではなく、調味料があわないのです。

不便といわれることもありますが、
これは母のおかげです。わたしに添加物や、化学的な味を覚えさせなかったことが
体がすぐに、排除に働いてくれるのだと思います。

こうやってかくと、厳しく育ったようですが、
時には、もちろん市販のお菓子も食べたり、ジュースを飲んだり、普通の子と同じような
ものも食べています。こうやって、ガス抜きもしないと、
子供は不満を持ちますから、こういったことも合わせて、がちがちにしすぎなかったのも
上手だったなあ、と、実は母は最新行ってたというのを思います。

数年前でしたか、母がいいました。

昔は女の人がこんなにがんが多くなかったのよ、ほとんど聞かなかったわといってました。

何が変わったのかしら、と。

その答えも探しています。

この30年は、進化ではなく、変化でした。

それが私たちが望んだ、変化であったのでしょうか。

食べることと、この望まなかった変化の原因を探ることが、わたしにとっての学びのようです。
by kuronekoryokan | 2013-11-09 04:52 | くろねこ栄養学 | Comments(1)

くまモンとおなすの田楽♪

くまモン大好きのくろねこ旅館主でございます。

さいきん、くまモン見すぎていて、うちのくろねこのことスルーしてます。

ちょっと、くまモン、お料理までできちゃうのね。

ちょうど、昨日の記事、お味噌の話しをしましたので、ちょうどいい、お献立です。

なすの田楽と浅漬け♪
作り方は、どうぞ、くまモンに教えてもらってください。 笑




さて、昨日はお味噌=陽性というお話を書きました。
理論的な本読むと、頭、くるくる、桜沢先生の本読んでも難しくて解らない・・(正直ですいません)

まあ、簡単にいうと、
難しく考えなくても、実は日本人は、普段の料理方法にこの陰陽のバランスがとれるような
工夫が昔から「日常」としてあるんですよね。
たとえば、このなす田楽。

お茄子といえば、お水を張ったボールにいれる、ぷかーーーっと浮いてきて、まさに陰性の実
お茄子を食べすぎると、体が冷えるということで、秋ナスは嫁に食わせるなといいますが
普段からよく頂く、なすの田楽は、お味噌と相性がよく、陰性と陽性が合わさってできた
一品、
まあ、わたしもマクロビ勉強したいわ、と思っている方もいらっしゃると思うのですが、
実は、けっこう、日常的な料理の中で、「塩で締める」とか、実際、すでにやっているんですよね。

誰が気がついてはじめたことか、わかりませんが、
人間の歴史、体が知っていることってあるんです。

さて、我が母は、
夏が来るたびに焼きナスをつくります。毎度、同じことをいいます。
亡くなったおじいちゃんが好きだったのよね、と。

焼きナスも、そうですね、外からがんがん火を掛ける、これも陰性から中間にあげていく簡単な
方法です。

と、こんなのを何がいい悪いと考えずに、日常生活の一部である母に
マクロビの教室で、あれ、これ、習ったと申しますと

はっ?あんた、なんで、そんなのお金まで払って習うの?と
日常で知っている人からは、理解不能といわれます 笑

そういうものは、家で知ることで、お金を払って習うものではないのです。田舎では。

これもまた、人間界の不思議の一つですね 笑


さて、おナスのメニューは、秋まで。
これからはおナスは休憩です。というか、普通に売ってないはずですが
数年前、寒い12月、東京の姉の家で、遅くてデパ地下のお惣菜コーナーで買ってきてくれた
おかずが、ナスの一品。12月に寒い、寒いといいながら、冷え症がナスを食べる
都会生活に、これも人間界の不思議を感じました。
by kuronekoryokan | 2013-11-06 05:21 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

伝統食の神秘

ヨーロッパは冬時間にはいり、気温も下がってきて、天気も悪く、どんよりしております。

さて、こんな時には、暖かい豚汁にしてみました。

b0305124_4384756.jpg



ビオマーケットで、牛蒡を見つけたので、それと、お肉屋さんで薄切りにしてもらった豚の三枚肉、
お野菜たっぷり、なんといってもメインは!お味噌です。フランスから送ってもらった玄米味噌と普通味噌。

(フランス、トゥールにあるさんがさんから手作りの玄米味噌と田舎味噌を送っていただきました。 その際の記事はこちら

寒い冬、外も暗くなり、きぶんもどんより。
甘いものにも手をだすものですから、マクロビオテックでいう、陰性ライフ一直線になりやすいのが
この季節なのです。

こういった時は、がつんと、陽性の代表食品、お味噌を食べたいですよね♪

母手製のお味噌が切れてから、お味噌汁を飲んでなかったのですが、さんがさんに送って頂いた
お味噌が、市販のものよりも、賞味期限が短く、きちんと食べようと、ちょくちょく、お味噌をつかった
お料理をしていました。そして、カボチャやおねぎがたっぷりはいった、具だくさんのお味噌汁。
おかずなしでも、大丈夫です。

ブログのタイトルに、「神秘的」と書きましたが、最近、それを強く感じています。
それは、最近の食生活で体調が大幅に変化をしたからです。理由はお味噌でしょう。

お味噌は、生きた酵素、そのお味噌の質によって違いますが、今回、さんがさんのお味噌は
フランスで作られ、ミネラル豊富なお塩を使っておられます。

実は、わたしには一本、抜歯の対象となっている歯があるのですが、疲れると歯茎が腫れたり
最近、ずっと、すこし腫れっぱなしでしたが、さんがさんのお味噌を頂くようになって、歯茎は全体的にしまり、
その問題の歯を包む歯肉もしっかりとしています。

マクロビオテックの先生もおっしゃっていましたが、私は、陰性体質、甘いものを好む、アトピーもち、
「広がりやすい」体質ゆえ、がつーんと陽性食品を入れてあげることで全体的に体がしまっていくと
いうものです。

ちなみにアトピーは、海で泳ぐと、治ります。外からの海水=陽性ですので、翌日にはすっきりです。
北フランスやアイルランドで、海水治療がさかんなのも納得です。

お味噌に関しても、酵素やらアミノ酸やら、難しい用語を用いて、説明もありますが、
簡単にいいますと
山のもの(大豆)、海のもの(お塩)が一緒に働きあって出来た、日本の伝統的な食べ物なのです。
さんがさんのお味噌は、お安くはありません、材料、そして手がかかってできあがる食品なのです。

でも、ロンドンで生きた酵素カプセル買ったときは30ポンドくらいしました。お味噌よりカプセルが
お高いんですが、本当に、今回、「いい塩、麹に大豆」でできたお味噌を頂いた後の体調の変化は
そのロンドンのお高い酵素カプセルとは比べ物になりませんでした。

本物のお味噌っていうのは、
こうやって体を整えてくれるのだ、ということを、体感し、
ますます、食の、特に伝統食の神秘の世界にはまりこんでいます。
by kuronekoryokan | 2013-11-05 06:02 | くろねこ栄養学 | Comments(0)

Amsterdamのすてきなお弁当やさん UNOBENTO

さて、お天気が悪いオランダ、とても疲労する一週間。

以前から頼んでみたかったUNOBENTO
お腹ぺこぺこお昼に登場して下さったのは
この方☆

b0305124_339412.jpg



とっても素敵な風呂敷につつまれた私のお弁当。

b0305124_3404761.jpg


「暖かいうちに召し上がっていただこうとおもって」と
この風呂敷の上には、またネルの生地を巻いてくださっていて、ぽかぽかの
お弁当が届きました。


開けてみると

本当に手作りのかわいらしい、お野菜のカットも包丁で、きちんと。
丁寧につくられたお弁当に、開けたとたん、心が和みました。
幸せ♪
b0305124_342047.jpg


ほうぼうのムニエルに、カボチャの煮物、お野菜、お豆ごはん、
3年番茶、カボチャのスイーツ。


うのさん、とってもアーティスト。 手書きのお献立がとっても素敵で、
和む和む。数日続いていた緊張感も、ほぐれてきて。
日ごろ自分でお弁当をこしらえますが、時折、外で食べたり、他のお弁当を頼んだりしましたけど
うのさんのお弁当は、本当にスペシャルで、改めて、お弁当は素敵な日本の文化ですね。


b0305124_3422551.jpg



また、今週もおねがいします。UNOさん^0^
by kuronekoryokan | 2013-11-04 03:48 | くろねこ弁当 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧