カテゴリ:長崎県( 18 )

新茶の季節 彼杵茶のおいしさ☆

今、帰省している大村市からJRで約20分、そのぎ町で開催された
そのぎ茶市にいってきました。

父が入院しているので、遠出はできないのですが
お茶が好きだし、せっかくだから、と母のすすめもあり
一人で小さな汽車の旅です。

b0305124_22285040.jpg
彼杵は海と山がちかくにあって
お茶を買いにJRにのると、海を眺めながら素敵な時間を
持てます。海を眺めながら茶畑にいくって
なんて素敵なんでしょうか。

長崎県のお茶、最高です☆

(嬉野茶もおいしいでーす♡)



b0305124_22285509.jpg

おばさん方は、大量にお茶を購入されます。
うちの母も軽く5000円分を買うそうです。
今回は家を離れられないので母は茶市にはいかなかったですが

お茶って日常に必需品ですよね。


最近は、とてもおしゃれなお茶屋さんもあり
茶缶もかわいい♡
b0305124_22285725.jpg
茶揉みがある最終日にはりきって出かけた私ですが
茶揉みのタイミングにあわず、

おじちゃんたち、お茶炒ったかとおもったら
ビールが運ばれてきて、う、、、お茶揉みは何時だったんだろう笑




b0305124_22285953.jpg


前回は私も茶揉みをさせてもらいました。

春から夏に移動するこの季節、フレッシュなお茶の香りを
楽しめて最高です。

彼杵茶は甘味があって、太陽の味がします。

海と山と茶畑、そこで育ったお茶は

わたしが子供のころから飲んできた家庭の味なのです。

オランダにも持ってかえりますが、

最近ではオランダでも買えるようになりました。

b0305124_22290263.jpg
 彼杵茶はオランダで開催されているMONO JAPANでも人気でした。
普段は茶畑にでている素敵なみなさんが
アムステルダムでお茶を淹れてくださっているんです。


最近はまたオランダと長崎の関係が友好になってきていて
アートや食文化の交流が盛んにおこなわれています。

長崎県人としては、とてもうれしいトレンドです。


さて、これが私が育った大村の海です。

この年になってよくわかるのです。

本当に美しいところで育ったこと。

お茶がおいしいところに生まれたこと。




b0305124_22290498.jpg
いつも遠くばかりをみていて
近くをみない人生でしたけど
父の病気をきっかけに、内側にフォーカスするように
なり、これもまた不思議です。



b0305124_22290623.jpg
母と二人で交代して、父のお見舞いをしています。

いつも帰省したときは喧嘩ばかりなのですが

今回は、父の具合もよくなく、

家族が協力するときがきたのだと感じています。

ちょっと茶市にいってきたら、といったのも母。

母は母なりに私に気をつかってくれているのが

わかります。

がんばりたい、

そして、父にもあとひと踏ん張り頑張ってほしい。

と思うのですが、父がいるクリニックの看護士さんは
高校の同級生で、20年以上ぶりに会い

彼女の前で
「お父さん、もうすこしがんばらんばね」というと

ねえ、もうお父さん、十分がんばっとらすよ!と
いわれて、あ、お父さん、ごめんねーと

聞こえているのか、わからないけど、父に話しかけて

そんな毎日です。

高校の同級生も親切です。

父は昔、わたしが高校受験の時に私立をうけたいと
いうと、一つの理由をのべて反対しました。

遠くの高校にいくと、同窓会にいくのはとおかぞ!と。

いま、こうなってみて、どこにいっても同級生が助けてくれるので

お父さんが言ったとおりだと思いました。

それも、父の世話をしてくれている人が

その、同級生なのですから。




by kuronekoryokan | 2017-05-15 22:26 | 長崎県 | Comments(0)

日常の美しさに。

ねこちゃんかわいい。


日本に戻ってきて一週間です。

父の病院通いも毎日12キロ、10日で120キロ漕ぐことになります。


自転車の利点はよそ見ができます。


かわいい猫に出会いました。
b0305124_22492811.jpg



このとおりも昔は買い物する人が多かったですが今はガラガラ。

時代の流れですね。



b0305124_22492951.jpg



5月のオランダを過ごせないのは残念ですが
今は内側に籠る、気持ちです。


by kuronekoryokan | 2017-05-11 22:44 | 長崎県 | Comments(0)

早起きの利点

4日前は日本にもどってくる
予定がありませんでしたが
今朝は地元の大村市を朝5時半に
歩いています。

父が入院したときいて
帰ってきたのが帰国の理由ですが
症状が落ち着いているため、
朝と夕方に2回、見舞いにいっています。

b0305124_20573857.jpg
まもなく菖蒲の季節ですが
大村公園の菖蒲園にはパラパラと花が
さきはじめ、季節の移り変わりを感じます。

菖蒲、大好きな花です。

早朝に菖蒲園を歩くと、いろいろな品種があり
色の違いなどをじっくりみていると
鳥の歌声に澄んだ空気、

生きてる。という実感。



b0305124_20574071.jpg

植物学、フラワーエッセンスや畑仕事や趣味で
習っていた野草のコースなどいろいろと
いきましたが、

早朝のウォーキング中に
シロツメグサの香りに気が付き

それからは桜の木を眺めて、花はすでに
終わっていますが、品種の違い、名前に違いを
確認しつつ、大村公園を歩きます。

植物を知るというのは
習うことばかりではありません。

植物の声をきくのは

大きな気が付きで

素晴らしいものです。



b0305124_20574236.jpg
帰宅したのが0620分。まだまだ早い!
Eテレをつけて、英会話の番組をみて
ラジオ体操の時間です♪

真剣にやると汗がだらーっとでます。

ラジオ体操、真剣にやるといいエクササイズですし

なんといっても無料。

この朝時間、はまりそうです。

さて、明日もお見舞いです。

介護とは、もちろん国の支援も必要ですが
人間は一人では生きてはいけません。
家族や知り合い、友人が共に助け合って生きることを
考える時代にはいっているようです。
オランダはその点、この考え方は先にいっています。

自分が介護する身になってみると
仕事、育児と介護をぜんぶ一人でやるのは無理だし

どうにかして、上手にコミュニケーションを
とって前向きに介護をすすめることが

大切ですよね。





by kuronekoryokan | 2017-05-06 20:56 | 長崎県 | Comments(0)

美味しいコーヒー 大村市、なみのうお

美味しいコーヒーの秘密は、味もだけど目の前の風景が美しいこと。

父の介護や自分の仕事のことがひと段落した午後、友人が車で連れて行ってくれました。

姉妹、義理兄、そして友人が大好きな場所、大村市のなみのうお。


b0305124_17184016.jpg





諫早市に近い場所で、知る人ぞ知る秘境が、このカフェ。
表向き、コンビニですから、知っている人は知ってますが、知らない人はスルー。

そこがまた素敵なんです。

雑貨類も売っているし、人が少ないと、ほんと幻想的な時間です。

b0305124_17184113.jpg




大村湾の穏やかな波や、その音を聞きながらコーヒーを飲むひと時が、一番の
贅沢です。
ずっとこの店にきたかったのですが、現在、自家用車がなくて、友人に頼んで
いつも連れてきてもらっています。
b0305124_17184262.jpg





なんとこのお店はコンビニの手作りおにぎりやおかずを食べることが
できるんですね。
手作り感100%のこのお店、おにぎりもなんかごっつくて、好きです。


b0305124_17184443.jpg


東京にいる義理兄はここが好きで、大村に来るたびに
このお店にいっては、秘密にしときたいよね、っていってます笑
by kuronekoryokan | 2017-01-12 17:17 | 長崎県 | Comments(0)

懐かしいメニュー

b0305124_19430537.jpg




b0305124_19430758.jpg




b0305124_19430899.jpg



b0305124_19430918.jpg





by kuronekoryokan | 2017-01-05 19:41 | 長崎県 | Comments(0)

夏の思い出2016

夏休みを振り返ります。
人生初、1ヶ月休みました。
と、いっても実家の手伝いや、父の介護で休んだ感じはゼロ(  ̄▽ ̄)

父が病気になり、出来るかぎり、旅行に連れていきたいと、台湾や屋久島、熊本と、月日が進むにつれ距離が短くなり、今年はついに
父を抜いて、母の慰労のために、地元めぐり。

九十九島を眺める佐世保市とか

b0305124_14523827.jpg


世界遺産の候補となった黒島教会

b0305124_14524281.jpg



最近人気の千綿駅など。

b0305124_14524532.jpg



地元でまったりしていました。

いつも遠い所ばかりをみてましたから
こうやって内なる世界もまた大切にしたい
ですね。


by kuronekoryokan | 2016-09-16 14:43 | 長崎県 | Comments(0)

日本滞在が終わりました。

長かったようで短い日本滞在が終了しました。

雲の上はいつも美しいものです。地上がドロドロしていても、空は美しく。
それは人の心も同じです。

b0305124_04175934.jpg
今回、1か月すこしを日本で過ごしました。
父の認知症が進み、父は介護施設へと入所しましたが、この夏は週末の3日を自宅で過ごすことと
したのです。すでに人の手がないとなにもできなくなりました。子供に戻った父との生活は
想像以上に幸せでした。介護とは大変ですが、父にはもうエゴがなく、そのすっきりとした顔は
沢山のことを教えてくれました。

煩悩と付き合うのは人生において苦しいことが多いですが、その煩悩が消え、仏さまのような
顔つきです。



b0305124_04180293.jpg
この写真はJALの機内から撮りました。
新型機の窓は青みかかっていて、美しいものでした。

b0305124_04180696.jpg
竜のようなその形、
どこまでも伸びていく雲に癒されます。

さて、8月も終わり。
9月からは新しいことを始めれることでワクワクしています。



by kuronekoryokan | 2016-08-31 04:16 | 長崎県 | Comments(2)

祈り地、長崎

昨日、一日、長崎を歩きました。

浦上駅でおりて
平和記念公園へ。

同じ県内に住みながらここに訪れたのは
30年以上も前のこと。

b0305124_10312321.jpg



水を柄杓で汲み、お花にあげてください
と、慰霊塔の前に沢山のお水が用事されていました。

ここにきて、感じることは大きく。
平和ボケしすぎている自分自身。



原爆で崩壊した後に建築された
浦上天主堂。
長崎はカソリックの方がたくさんいらして
今も昔と変わらずに祈りが続く日々です。

b0305124_10312490.jpg



歴史的にみても、受難が大きすぎる
ある意味、神に選ばれた土地とも
考えられるでしょう。

巡礼の場所なのだと思います。
静かに祈る、その平和な時を大切に
されている、祈りの街。

今の時代、怒りに怒りで答えてしまい
ますます泥沼化している世界に
静かに祈る意味を長崎の人は良く知っているのです。

by kuronekoryokan | 2016-08-19 10:15 | 長崎県 | Comments(2)

かぼちゃのぷりん

かぼちゃがたくさんあったので
ぷりんにしてみました。
柔らかくて喉の通りもよいですから、高齢者のおやつにもピッタリですよね。

b0305124_21503530.jpg
レシピはCookpadより拝借しました。生クリームないですが、けっこう濃厚で、なんといっても簡単
材料代が安い!
キャラメル炊くのは昔から私は得意ですので、久しぶりに楽しい時間となりました。

真夏です。早朝からやったほうがいいですね。オーブンは室温が上がります。015.gif



b0305124_21503635.jpg
大きなガラスのお皿につくったので高さは予定よりも足りなかったですが
お味はばっちりでした。父の3時のおやつとなりました。
何歳になってもおやつは、安全なものを食べたい、お出ししたい、この気持ちはいつまでも
持って生きていきたいと思っています。

プリンなどを型からだすときは、遠慮して逆さにしても落ちてきません。
一瞬、ぶんっ、とふったほうが、プリンもシフォンも大切ですね。



b0305124_21503814.jpg
さて、出来上がり。
かぼちゃは、畑で会う人からいただいたもの、と母がいっていました。
叔父の家からもかぼちゃを頂いていて、しばらくは、かぼちゃの料理を楽しめそうです。


b0305124_21503978.jpg
いま、仕事もせずに、自宅で介護の手伝いをしていますが、
父親一人に対して、母と私、2名で介助をしています。ベットからの起き上がり、トイレ、入浴、着替えに
3度の食事、一日中、父の世話となりますが、これが人生なのです。

良いも悪いも思わない、ただ、
人生において、とても豊かな時間をおくっている、ような気がしています。

有り難いことです。

by kuronekoryokan | 2016-08-15 21:48 | 長崎県 | Comments(0)

大村のオススメパン屋さん。

ひさしぶりに大好きなパン屋さん行ってきました。

homelaboさんです。ご自宅の一部をつかって開業されています。
個人的に小さな空間が大好きなので、ファンになってしまいました。
パンも安心できる材料ばかりでこれも通ってしまう理由の一つです。

安全なパンってありそうでない。そして
いいたくないけど、値段だけご立派な酵母パンが残念ながら見えてしまうこの街で
こちらは信用度120%、だから大好きなんですよね。

昨日のお店番はお母様でした。数か月に一度しかいかないのに
顔を覚えていてくださって^-^。それが嬉しいですよね。

b0305124_11283625.jpg
場所は我が母校、大村市玖島中学の正門ちかくです。

b0305124_11283758.jpg

玖島中学正門前を通過して坂を下り始めると、こちらの看板がみえてきます!


b0305124_11283933.jpg
ご自宅を改装されてのご商売で、小さなドアをあけると、そこはパンやさんです。
くるみのはいった食パンや、お惣菜パン、甘い菓子パンなどそろっています。


b0305124_11284064.jpg
国産の粉を使われていて、パンは柔らかくて風味があって、平和な気持ちになります。
優しいパンたち。



b0305124_11284177.jpg

手作りのジャムもあって、今度買ってみよう。^^


b0305124_11284277.jpg

さて、食パンとレモンカスタードの入ったパン、アンパンを買って自宅にもどると
おやつタイムの父。パンをじっとみつめる・・・。


b0305124_11284362.jpg
認知症がすすみ、パン類を食べるのは禁止されているので、母と私のおやつとしていた
アンパンとカスタードのパンは中身を父に食べられ、母娘は外側だけを食べるハメに。
こんなことなら大人買いしとけばよかったなー。

父は認知症が進み、食べることが難しくなっていますが
それでも「おいしいもの」を口にしたときは、よく噛みます。そして飲み込みも上手にできます。

餡が相当おいしかったのでしょうね、パクパクと食べてくれていて

やはり安心して食べれるパンを提供してくださる方が家の近くで
有り難いものです。
クリスマスケーキも昨年、こちらにお願いしました。品のよい味に仕上がっていて
あっという間に食べてしまいました。今年もまたお願いできるかなー。


ちなみにこちらのパンやさんは8月は土曜日のみ営業されています。

大村通過、ご予定の方はぜひお立ち寄りくださいね♪

by kuronekoryokan | 2016-08-14 11:26 | 長崎県 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧