カテゴリ:オランダの風景( 14 )

色々な光に導かれ天使に出逢いました。

今日はオーガニックの葡萄を買いにいきました。
大好きな葡萄も今月一杯、お金があればあるだけ全部葡萄を
買い占めたい、そんな卑しさがあります。笑
ちなみに失業しているんですけど・・。


ふふっ、甘いメロンもまだ、あるある!

お味見したり、お店の人と話したりと、
楽しいひと時、秋のドライブを楽しみました。

b0305124_05320693.jpg


さて、とても素敵なカフェ・レストランの前を通りました。
以前、FBではみたことがあった場所で、偶然、その前を通ったのですが
思っていた以上に素敵な場所で、うっとり。
以前はカソリック教会であったところを蘇らせた場所です。

b0305124_05321006.jpg
オーガニック食材を用いたおいしそうなパンやケーキたち。

ケーキはなにがありますか、ときくと、
リンゴケーキとリンゴタルトといわれて、実はリンゴタルトのほうは
お勧めじゃないね、これは他所から配達してもらったもので、僕としては
リンゴケーキがお勧めだな、と。ずいぶんと正直な方でした笑。



b0305124_05321555.jpg
そして、このお店でとても素敵な器たちに出逢いました、
もはや運命を感じるくらいのお皿で、揃えると当然、5万円ほどは
しますが、これは欲しいなと、譲れないものがあり、
店の人と話し合いというか、欲しい量が多いので、来週、揃えてもらって
また出直すことに。


庭にでるととても素敵な天使さんがいて。

偶然に通りかかりましたが、来るべきであったことが
よくわかります。

これから仕事をするのに、好みの器がなかったのです。
それがここにきて、素材からデザインから何から何まで
自分好みに出逢ったしまったのですから、宇宙に感謝という
ところでしょう。

10月17日以降、仕事を開始しますので、
その際に器もご披露したいと思います。
b0305124_05322046.jpg

by kuronekoryokan | 2016-10-05 05:30 | オランダの風景 | Comments(3)

オランダで日本人が起業すること。

時満ちたという感じがします。

一昨日の日曜日は秋晴れで友人たちと庭でランチをして、
デザートにフルーツサラダや、わたしが試作中の玄米マドレーヌを
並べました。

b0305124_16081195.jpg
友人のサンドラはアメリカ人で、本当は私英語は苦手なんですが、
彼女とは、心から話せる相手で、急いでお昼の準備をしながら、すごい
勢いで、話して近況報告。サンドラ、今度、わたしの家で生徒さん呼んで
セミナーしたらどう?というと、実は同じことを自分も考えていた、と
同じことを考えていたんですね

b0305124_16081989.jpg
 玄米茶マドレーヌ、表は茶色で色がきれいではないですが、
 割ってみると綺麗なんですよ。これはパウンドケーキのほうがいいです。

b0305124_16082400.jpg
さて、春先に職場を去り、ぶらぶらしてましたが
昨日、11ページのビジネスプランを元に私の近い将来を決める
話し合いが某機関で行われました。30分間の面談で、わたしが何を
やりたいか、オランダ人の専門家が調べて、アドバイスしてくれました。
自営業というものは、保証がない、自己責任だから、もしも、の時の為には
その為の保険にも加入しなくちゃだめだよ、といわれて、メモメモ。。

今、オランダでは日本人による起業移住が流行っていて、
その方々もビジネスプランとファイナンシャルプランを書いて
商工会議所や移民局へと提出が義務づけられているようです。

私の場合は、すでに永住権を持っており、
現地人の起業と扱いが同じになりますので、ビジネスプランもファイナンシャルプランも自分で下書きしたものをオランダ人に清書してもらいました。

起業移住の方はファイナンシャルプランは会計士に頼まなくては
いけないらしいですが、わたしは自分で書きました。そして通りました。

起業移住の人で、英語やオランダ語ができない方は、ビジネスプランを
専門の方に依頼して作成してもらうそうですが、

私の友人たちで起業移住してきた人は、皆さん、自力で作成されていました。
もちろん節約ということもありますが、この11ページを自分の頭で
明確にすることは、非常に物事を整理だてて考えることができる
という理由を語っていました。実際、自分でやってみて、
書くのは面倒だけど、書き始めると、なるほどなあ、とたしかに
頭の中が整理されていくのです。

そして、昨日、専門家(これは無料のコンサルです)に
わたしのプランは良いと褒められました。勿論、友人たちの助け
あってのことでした。

書くことを専門家に頼むのもひとつの手ですが、
まずは自分で考える、これがオランダで生きていくうえで
大切なことではないか、と思います。自分の顧客がどこにいるかを
確実に文章に表さなくてはいけないからです。

こうやって家で事務仕事していると
会社勤めは素晴らしい経験だったということがわかります。
税務署やその他の書類が無理なく読める、それは
会社で覚えたことばかりだからです。

人生に無駄なし、感謝しつつ次にすすみたいと思います。


by kuronekoryokan | 2016-09-27 16:04 | オランダの風景 | Comments(2)

オランダ、海の近くの暮らし

夏日が続いています。
最後の夏日ということで、皆、海にむかって自転車、車で走っているこの
週末。わたしは自転車で10分ちょっとで海につくので、友達誘っていったり
一人でぼーっとすごしたり、海が近いってよいのですよ。

オランダ人のように、もう水着を家できて、うえからTシャツかぶって自転車に
乗る、身軽な生き方です。人によっては何も着ていないオランダの海。
そこまで解放されたら、うーん生きるのに次元が変わるかもしれませんね。

街中から自転車ですぐに海へいけます。ここは砂丘が広がっていて
緑が豊かなところにサイクリングロードがあり、この向こう側が海。
b0305124_04393800.jpg




今、オランダの新たな取り組みとして野性動物を砂丘に放つことが行われています。
数も少しずつ増え、家族が増えているようです。こういった動物も普通に
見れるんですよ。お互い、距離を保つことで共存できるのですよね。


b0305124_04394394.jpg


ここはベリー類もたわわに実ります。シーズンは籠もった人で争奪戦です。
季節季節で食べれる実を頂いたり、散歩したり、落ち着ける場所です。
b0305124_04394748.jpg
さて、海です。長い海岸線ですから、みな、それぞれお好きに泳いでます。
ビーチには番号がついていて、どこにいるかわからなくなりますから
このように目印がたっています。ミッフィーちゃんはこのビーチから10分
くらい離れたところにいます。



b0305124_04395111.jpg


ちなみに、このエリアはお犬様遊んでよし、の場所。犬愛好家たちが
わんこと共に海水浴しています。わたし、犬つれてませんけど、自転車で
くるとこのわんこビーチにきちゃうんですよね・・。

さて、子供のころからアトピーなど皮膚疾患と歩んできましたが
現在はストレスがたまると頭皮に湿疹ができます。いまその状態で
だから、海にきました。海水につかると、傷が癒えやすいんです。
マクロビの先生がおっしゃっていましたが、陰体質になっていると
「広がりやすい」体質になり、よって極陽の塩はぎゅっと〆てくれると。

その説は納得です、甘いものを食べすぎたり、体をうごかしたくない
っていうのは陰性の特徴、ここで海水で陽性方向にもっていくわけです。

昔の人は海に療養にいっていたのもわかりますね。

体が緩んでいるときに、ぴったりで、冷たい海でしたが、頭までつかり
すいすいと泳ぎ、家にもどると、どっと疲れて2時間睡眠。解毒もあったのか
もう起き上がれないほどの疲れが襲ってきました。
砂の上を歩くこともかなりのデドックスともいいます。

今年は海に一度もこれなかったので、今日は急いで泳ぎにいきました。

b0305124_04395470.jpg
さて、帰りも、みんな野性動物の前で写真とったり眺めたり
穏やかなオランダの時間です。

こういった暮らしだから、16年もここで生きていけているのだと
思います。

そして、プールは有料。
海は無料。

失業中には有り難いお話し 笑


b0305124_04395745.jpg

by kuronekoryokan | 2016-09-11 04:37 | オランダの風景 | Comments(0)

才能

先週の話ですが、オランダの王様の日は
誰もが
路上や公園でモノを売ってよい楽しい日なのです。

もちろん、技も大丈夫。

b0305124_08031508.jpg


バレエ学校の生徒さんは、トウシューズ代を稼ぎます。


お嬢さんたちは、歌を披露(⌒‐⌒)



b0305124_08032460.jpg


古着やオモチャも売りますよ!

b0305124_08033400.jpg


b0305124_08034294.jpg


家族総出でお店屋さんも楽しい。

毎年おもうのですが、日本もこんな日があれば才能を見いだせるチャンスだと思うのです。

b0305124_08035298.jpg


知らないひと同士が話したり、
出会ったり

素晴らしい日なんですよ。
by kuronekoryokan | 2016-05-04 07:56 | オランダの風景 | Comments(0)

アムステルダムをお金を使わず楽しむ方法。

オランダは、無料で楽しめるイベントが
満載です。
土曜日は、ナショナルバレエ・オペラの
オープンディでした。

b0305124_03541831.jpg



小さな子供たちは衣裳を着せてもらったり
大人は舞台裏にはいれてニコニコ。
b0305124_03542672.jpg



ナショナルバレエは、アムステルダムの
市役所横、ウォータールーにあります。
マヘレの跳ね橋がみえて、眺め最高。


わたしたちは衣裳部へ直行。
衣裳製作はデザインも大切ですが、
補強も大切なお仕事。
b0305124_03543202.jpg
プロのお仕事は道具が古くて、重たくて、現代、家庭で使われているような軽めのアイロンではないんですね。
ミシンもしかり、工業用ミシンで、細かいところを自分の手わざをつかって縫い上げていきます。




b0305124_03544111.jpg
このかわいらしいバレエのお衣裳。持ってみると、とても重たくて、上半身の部分の裏側は何枚にもはいであり、
こんなに重たいものを身にまとって華麗に舞うバレリーナってすごいですよね。


以前、アムスにアルバートカイプ市場にある手芸やにはいったときに、胸のパットなどが種類豊富にそろえてあったので
ダンサーの衣装などをつくるのに、重宝しているのかもしれません。

b0305124_03544729.jpg


女の子ならばほとんどがあこがれるだろう、トゥシューズ。
触ってみるとつま先は固く、痛みを超えて美の世界へと入っていくダンサーの世界に感動します。
そして、バレエ団では、個人の靴を大切に管理しているんですね。フィギュアスケート選手もいいますが、靴をかえるとまったく
違うそうで、バレエも同じだそうです。


b0305124_03545550.jpg


こちらオペラの衣装部、かつら部隊です。遠い舞台での髪型は細部までみえないと思うのですが
配役に合わせて、かつらから丁寧に作り上げられます。歌手それぞれの頭型がおいてありました。

どの演目のかつら、ですか、ときくと、この写真の中央にいる乙女の髪型だそう。

b0305124_03550206.jpg



これは本当にクリエオテイブなお仕事よ、とおっしゃっていました。この人がどんな髪型だったのか想像しながら、
髪を整えていく、完成を創造しながら、結い上げるという作業に、いろいろと考えさせられました。

b0305124_03550822.jpg

オランダは、大きな都市だと毎週末、なにか、面白いイベントが行われています。
多くが英語でも案内がはいっていますが、やはりオランダ語が読めるとかなり便利です。




by kuronekoryokan | 2016-04-04 03:46 | オランダの風景 | Comments(0)

アムステルダムを旅する

暖かくなったり、冷え込んだりと、春はすぐそこなのに、コートはまだ真冬用です。

さて、今夜はアムステルダムの倉庫通りにある夜市にいってきました。

b0305124_09431158.jpg


地元人が続々とやってきて、各々に楽しむ金曜の夜。

b0305124_09432121.jpg


素敵な雑貨も沢山あって、買いたいものも
チラホラ。😄

素敵なコーヒーやさん。

b0305124_09432770.jpg



子供らは、ゲームでたのしそう。
素朴なおもちゃにほっとします。
b0305124_09433455.jpg



寒い日は、みんなで火を囲むと、暖まりますね。


b0305124_09433963.jpg



オランダのすごいところは、近場で楽しめるコミュニティーや、イベントつくりの能力です。

崩壊しつつある人間関係、
隣の人との距離を縮める工夫が次々に
生まれています。

オランダの魅力の一つですね。
by kuronekoryokan | 2016-03-19 09:32 | オランダの風景 | Comments(0)

金曜日ランチ。アムステルダム。

b0305124_21192502.jpg


明治屋が消えた通りに新しいデリが
あり、かぼちゃ、ココナッツミルク
スープをたべました。


ほっこりの午後。


まもなく春、この看板ももうすぐ
さよならかな。

b0305124_21193575.jpg



焼きたてチキンも美味しそう。

b0305124_21194304.jpg




グラノーラなど、オーガニックでヘルシーフードが小さく揃ったマーケット。
大好きです。
b0305124_21195110.jpg


昼休み、ほっこり時間も必要ですね。
歩いてみて、いまでも発見することは
沢山あります。
わたしは、オランダ人にまでも、
よくこんなこと見つけるね、といわれるほど
いろいろなものを掘り起こしてきます。

みつける秘訣は散歩と広告、新聞からですね。

あとは、偶然を楽しむ余裕かな。

by kuronekoryokan | 2016-02-26 21:12 | オランダの風景 | Comments(0)

駅カフェ♪ デンハーグ

b0305124_16111955.jpg


最近駅も進化して、工事中は、永久に完成しなさそうと思っていたハーグ中央駅も、やっと完成。

とてもお洒落なカフェ二軒ありますが、

こちらのカフェは、お茶にガーベラが
ついてきて、可愛い。

ホッとできる時間です。

b0305124_16112688.jpg


夜に行ったので、温かいスープなど売り切れ
でしたが、他のお客さんの食べていた料理の盛りつけ、なかなか素敵。

二階のカフェも内装がステキで好きですが

こちらは、盛りつけで勝負。

今度は朝ご飯にいってみようと思います。

場所は、駅のピアノがある後ろ、左側です。
ぜひ、探してみてくださいね。


b0305124_16113420.jpg



スープも美味しいそう。。(*´∀`)
b0305124_16114014.jpg



by kuronekoryokan | 2016-02-19 16:01 | オランダの風景 | Comments(0)

朝焼けの美しさ。

オランダも春らしくなってきました。
急に朝晩、日が長くなった感じがします。

冬と春の間の朝。厳しい冬は辛いけど
冬独特の冷たい青空が好きで、それもまもなくさようなら。

b0305124_16311550.jpg


駅のホームからも、空が見えて気持ちがいいです。

b0305124_16312286.jpg



オランダの電車は、二階建てが多く
朝から窓際に座れると、朝焼けが楽しめるのでいいですよ。

平日のラッシュアワーを除き、有料ですが、国内、定額で自転車も積めるので、早朝サイクリングしたいなあ、と思いつつ、まだ、実行しない間に季節は動いていくようです。
ちなみに、わたしの自転車は、たためるので
持ち込み無料ですが、それでもまだ実現せず。(  ̄▽ ̄)

春にむかってすごい勢いでエネルギーが
動いています。
体調不良も起きやすいので、ゆっくりと
過ごしていきたいですね。

それでは、みなさん、

よき一日をお過ごし下さい。


by kuronekoryokan | 2016-02-18 16:19 | オランダの風景 | Comments(0)

アムステルダムを旅する。

b0305124_6384286.jpg


住んでいるのに、今日は、B&Bに泊まってみる。街を旅する。素敵なアイデア001.gif

住宅地を歩いて、思い切り、街の空気を吸い込む。何年も住んでいるのに、知らない通りばかり。
b0305124_6395752.jpg


素敵な雑貨屋さん発見。

b0305124_6412846.jpg


そして、今夜のお宿。
アムステルダムの音に包まれて
本当に旅行にきたみたい。
b0305124_64282.jpg


八百屋さんにはいったら、珍しいトマト発見。珍しいトマトというと
一つ、オマケに頂いた。素敵なプレゼント。
b0305124_6435746.jpg


こじんまりとした部屋、快適です。
b0305124_6445779.jpg


夜は、コンサートに出かけて
いましたが、あとは、ゴロゴロのんびり。


朝、散歩して、素敵なカフェで
フルーツサラダを頂き
9時に、日常の世界に帰りました。
b0305124_64653.jpg



アムステルダムは
本当に素敵。

市電の音

時を告げる教会の鐘

冷たい空気に

人たちの声

日常の音が、アムステルダムを
より素敵にしてくれています。
by kuronekoryokan | 2015-02-19 22:37 | オランダの風景 | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧