カテゴリ:くろねこベジタブル( 9 )

デンハーグ木曜日マーケット

秋晴れの中、自転車を20分こいで
木曜日マーケットに。
ここは、オランダ1のマーケットに選ばれたほどの品揃えと快適さ。

ちなみにこの通りにある歯医者は
神経関係の治療お得意です(*^^*)

じゃん、スイカです。
b0305124_05393614.jpg



午前中は人も少なくて快適なんです\(^o^)/

b0305124_05394111.jpg


有名なスケベニンゲンのすぐ近く。
高級住宅地も多いエリア、客層も高めです。

b0305124_05394599.jpg



夏のベリーもお値段が手頃。

b0305124_05394768.jpg


お豆を沢山買いました。


b0305124_05395038.jpg



剥く作業は気持ちが落ち着きます。最高の瞑想時間です。


b0305124_05395421.jpg



さて出来上がりはこちら。
ふんわり炊けましたよ!
b0305124_05395681.jpg


野菜見たり
自転車のると元気になります。

不思議です。

by kuronekoryokan | 2016-09-09 05:31 | くろねこベジタブル | Comments(0)

森の八百屋へようこそ。ユトレヒトより

森の花畑へようこそ。
ここはユトレヒト郊外にある大きな森の中にある、畑の入り口です。
バイオダイナミック農法にて、お野菜や花が育てられています。
b0305124_05453793.jpg
森の中にある八百屋さんです。新鮮な季節のお野菜が、並んでいて、その色の美しさ、ロケーション
の素晴らしさにはもうため息しかでてきません。街中のビオマーケットとはまったく違う、まさに
野菜が引き抜かれた場所にての量り売り。
b0305124_05454453.jpg

人参もそのまま、自然の形は美しいですね。
b0305124_05571433.jpg

さて、森のお花やさんへとすすみましょう。

b0305124_05460014.jpg
夏のお花が咲き乱れます。マーガレット、エキネシア、ダリアにコスモスなどなど、自分でハサミを
入れて、摘んでいきます。


こちらの彼は、ガールフレンドが摘んでいる花を一本一本うけとって、見守り中。本当に
穏やかな時間が流れていきます。

b0305124_05461415.jpg
素敵なブーケが出来あがりました。豊かなテーブルがつくれそうですね。

b0305124_05460556.jpg
この土地はかつて、高速道路をひく計画が持ち上がりました。森を守りたい人たちは立ち上がりました。
その結果、いまもこのように木は根を張り、美しい時間が流れています。その美しさの裏に、人々の
勇気ある戦いがあったとは、信じられないほどです。

改めて、力強さと美しさの共存の意味を教えられます。

自分の生活や、スタイルを守ることの大切さを教えられますね。



by kuronekoryokan | 2014-07-31 12:00 | くろねこベジタブル | Comments(0)

森のバターをチーズにしましょう~アボカド~

はい、今日の食材はこちら。栄養価が高いと評判のアボカドさんです。
美容によいとのことですが、私には好んで食べるものではないので
頂いても月に一度ほどです。
もともとアボカドは葉に強い毒性があり、小動物が口にすると死にいたるほど
実を守るために毒を持ちます。
そのおかげで、人間様が食べれる肉厚なアボカドが出来上がるのですが、そういった果物の性格の為
控え目に頂いています。種となると、口にして具合が悪くなる方も
いますので、そっと外して、さようならです。本当は埋めたいのですが
猫を飼っているために、観葉植物にはできません。

種をなぜ、食べないか、それについてはまた後日、書かせていただきます。
アメリカの有名なフードライター、マイケル・ポーランさんの著書にも
登場してきますが、種には、いろいろな仕掛けがあるようです。
次世代を産む大切な種を食べる生物に対しては、自然も時に厳しい態度を表すと
いうことですね。

b0305124_03071209.jpg

さて、最近、なんでもぬか床に埋めているのですが、今回はアボカドが登場です。
簡単です。熟れすぎていないアボカドの皮をむき、実を割り、種をはずして、丁寧にぬか床に沈めます。

さて、一日、眠らせると、できあがりはこちら。別になんら、表に変化ないですね。



b0305124_03124712.jpg



一口、お味見してみますと、まあ、濃厚。016.gif


フレッシュなアボカドとは違う食感で、まるでチーズのようです。サンドイッチの具としては
お薦めかと思われます。

ぬか床は日本の伝統食品ですが、ズッキーニや、アスパラ、コールラビなど西洋野菜もとても美味しく漬かります。

さすがに、トマトはまだ漬けていませんが、

やってみる価値はあるのでしょうか・・笑













by kuronekoryokan | 2014-06-26 08:08 | くろねこベジタブル | Comments(2)

塩レモンとドライレモン♪

いま、流行りの塩レモン、つくることにしました。
材料は、無農薬レモン、お塩、砂糖。
一か月ほど寝かせると出来上がりです。
中東の食べ物ですね。オランダではトルコのスーパーで塩レモンは購入できますが、
日本で流行っているとしり、作ってみました。レシピはこちら→
暑い国のキッチン常備品です。これから暑くなる日本でも
活躍しそうですよね。ほどよい塩分、レモンのクエン酸は
夏場の疲れからの体力回復にお薦めです。

b0305124_03283353.jpg

ちなみに下は蜂蜜レモンです。高校の時に同級生がつくってくれて
美味しかった懐かしい味です。クエン酸、ビタミンなどなど頭では考えてしまいますが、
運動部はいっていたら、自然と口にするようになって、自分の体で知っているんですよね。
運動後の疲れがとれたり、水分、ミネラルで足がつりやすくもなりますから夏場は
自然と食するフルーツです。



b0305124_03294084.jpg
さて、いま流行り始めた塩レモンですが、
現地では、こちら乾燥レモンも活躍しています。
固いので、包丁で気をつけて中を開けますが
一晩お水につけておくと、レモン水の出来上がりです。
こちらは、塩ゆでしたあとに、天日に干されて、ビタミンたっぷりの
ドライフルーツです。参考はこちら→

b0305124_03302920.jpg
お水につけて一晩すると、こういったレモン色になります。
天日しているだけあって、味が凝縮されて、おいしいです。

b0305124_03321058.jpg
塩レモンの次を、、と思っておられる方、ぜひ、ドライレモンお試しください。

日本ではイラン製のドライレモンが輸入販売されているようですよ。




by kuronekoryokan | 2014-05-26 07:00 | くろねこベジタブル | Comments(1)

小さなお野菜畑始めました♪


この春は、久しぶりに小さな小さな畑作りをしております。
最新の都心部用お野菜バスケットを用意しました。まだまだ種まきは続きますが
まずは、この抱えて帰ってきた籠を組み立て、土をかかえて土壌作りです。

ハーブ、レタス、夏用におナス、などなど。

b0305124_05465575.jpg

こちらは壁を利用して、つりさげるイチゴ畑です(笑) すでにお花がさいてとてもかわいいです。


b0305124_05470108.jpg
ガーデニング用手袋もありますけどね、10分後、素手でやっていました。
土を直接触るのは私にとっては気持ちよく。手に傷などがある方は手袋が必須ですが
こうやって、ひんやりとする土の感触は何歳になっても気持がいいものです。
だから、時折は、花を植えたり、土いじりをすることが自分の体には
いいことだと、感じることができます。これがまさに体感です。
本の中の知識だけでなく、わたしには体感することが理解をあげるのに
とても必要なことだと思います。
b0305124_05471390.jpg
竹炭も金槌で砕いて、ミニ畑に投入。これは、別の鉢に使うために
砕いたものです。
ふっ、日経サイエンスが下敷きになってる・・024.gif
b0305124_05470803.jpg
以前は、京都のベニシアさん、アメリカの故ターシャ・テューダさん、
今は、ゆっくり、エディブル・スクールヤード食育菜園の本をめくり
小さな私の畑を夢みています。

ぬか床も仕込み、まもなくお野菜を寝かせ始めます。
夏には自分の小さな畑から収穫したものをお漬物にしたり、サラダに
するのが大きな目標です。


by kuronekoryokan | 2014-04-26 12:00 | くろねこベジタブル | Comments(0)

りんご狩りの季節です♪

オランダも秋まっさかりです。

こんな時は、やはり、季節の行事をせねば、ということで、

いってきましたよー。りんご狩り☆

もう子供で溢れかえってました。

リンゴと梨狩りできるし、広大な土地なので、子供転がしてもぜんぜん大丈夫な土地なので
親子連れが多いんですね。


こちらはまず、梨コーナー。9割方、もぎ取られており、敗戦。

b0305124_6511632.jpg



さ、気を取り直して、りんごの木にいきましたらば、たくさんの実がぶら下がっていて
テンションあがりまくり。ばりばり捥いでいきます♪

b0305124_652833.jpg



りんご狩りって、自分で捥いですぐに食べれるから、最高ですよね。
運搬で痛むこともないし、採りたてですから、たぶんアップル酵母なんか作るには
最高だと思います。
b0305124_6531363.jpg



いろいろな品種があって、たしかに木の合間合間をくぐりぬけると、なんか違う品種の
りんごもぶら下がっていて、確かめるのが楽しいんです。



b0305124_654785.jpg



ここはBIOのアップルのようで、木の根元をみると、まあ、雑草だらけ。
たんぽぽや、薬膳の先生が喜びそうな野草も生えまくっていて、一石二鳥のリンゴ園 笑


3キロほど捥いできたので、これからりんご酵母ちゃんなどおこしてパンを
焼いてみたいと思います。

出来たら、またブログでご報告しますね。ご期待~あれ~☆
by kuronekoryokan | 2013-10-20 09:48 | くろねこベジタブル | Comments(0)

素敵なフルーツバスケット♪


はい、みなさん、こんにちは。くろちゃんです。


時には、登場しないとね、忘れられちゃいますね。

FBではとても、大人気で、くろちゃんがでてくると、「いいね」が増産されます。


b0305124_4454132.jpg



さて、本日の発見物。
今日はね、素敵なフルーツバスケットをみつけたので、ご紹介しますね。


こちらです。

じゃん☆


b0305124_4473026.jpg


アムステルダムのオフィスにお届けされるオフィス用フルーツバスケットです。

ずいぶんと進んだ福利厚生ですよね。

ビタミン、これだけ会社に補充してもらえたら、多いストレスもきっと減りますね。
なにより、こういったお届けを定期契約している会社って素敵です。

わたしにも届けてくれないかなあ。(願望)


きっとNYなんかいくと、いろいろなオフィスお届モノがあるだろうから、珍しくないかも
しれないけど、日本じゃ、こういったバスケットは病院のお見舞いですから

新しいビジネスとしては、いいのではないでしょうか。
by kuronekoryokan | 2013-10-09 08:10 | くろねこベジタブル | Comments(0)

畑のお野菜をコトコト。。

さて、くろねこベジタブルのご案内です。

わたしには、畑ガールというお友達がいまして、収穫物を友情にて分け与えてくれます。


ふふっ。


じゃん☆

b0305124_2552545.jpg


ただいま、畑ガール、旅人となってしまったので、

わたくしめが、畑泥棒、いや、代理人となり、週末はワサワサと紫蘇を大量収穫
させていただきました。


で、こういった季節物を感じるって大切なことなんです。
詩人は詩にして、季節を表し、
画家は絵筆を持つ、
そして、そんな才能ないですから、

わたしは、季節を煮込むことにしました。



じゃん、じゃん☆


b0305124_2592077.jpg


ドロドロに煮込みましたよ!

さて、ちなみにレシピはというと

友情の証、トマト2キロ
2日前に大量に引っこ抜いたパセリ一束
ピーマン 5個
玉ねぎおひとつ
ズッキーニ一本
にんにく 5片
赤トウガラシ1本
ワインカップ1杯
好みで塩、コショウ


1)まずはトマトをぜんぶ湯むきして、皮をむいて、ざく切り(大き目)

2)にんにく、たまねぎ、ピーマン、ズッキーニ、パセリの茎は細かく切る。


お鍋に油をひいて、2)と赤とうがらしを鍋いれて、良くいためたあと
トマトのざく切りをいれて、煮込む、20分後、ワインをカップ1杯いれて
さらに1時間煮込む。


そして、ミキサーにかける(ここで、赤とうがらしを抜かないと、スパイシー味になります)


ドロドロになったら、
鍋でまた15分煮込んで、パセリの葉のみじん切りを大量投入。

終了


で、2キロでこれだけできました。


じゃん☆

季節のパック詰めの出来上がりです。

b0305124_36734.jpg


冷凍庫に入れて、
さあ、近日中にアラビアータでも、作りましょうか。

トマトはちまちま切って煮込むよりも、ざっくりのほうが味が良いと思います。
マクロビ的に考えると、トマトは陰性、ざっくり大きくきってあげて、火にかけることで
陽性に近づけます。小さくきると、ジメジメしますよね。トマトは。

まあ、マクロビでは、トマトは体を冷やすから駄目よ、といわれましたが、
トマトは好き(特に火をいれたもの)、がんがん火で温めて、凝縮させて、
冬場に夏を懐かしがって、暖炉の前で、夏の手作りソースを楽しむのも
いいじゃないですか。

さて、今度は、何を煮込みましょう。
by kuronekoryokan | 2013-10-08 08:53 | くろねこベジタブル | Comments(0)

お野菜を買いに♪

青空が広がります。すっかり秋のオランダです。

さて、今日は、お野菜を買いにいきましょう。

b0305124_425135.jpg



まずはこちらのお宅から
b0305124_434957.jpg



うみたての卵を玄関先で。自分で箱のなかに卵をいれて、無人なので、箱に1.5ユーロをいれます。

b0305124_445568.jpg



新鮮で、お庭もとっても素敵、大好きな場所です。

さて、つぎは八百屋さんです♪

じゃん!
b0305124_4605.jpg


こちらがわたしがお気にいりの八百屋さん。

「自分でお野菜をひっこぬいていいですよ畑」

お豆、クジェット、レタスにいろいろ。どれも新鮮、当然、土つきです。



今年から、お野菜だけではなく、お花畑も広がっていました。
今年が最初のお花畑。今年は摘まないで、色と香りをお楽しみくださいとの張り紙。

しずかな空間です。
b0305124_472441.jpg



サニーレタス、おねぎ、クジェット、クジェットのお花、好物のコールラビをスコップで掘って
お買い上げです。

この葉物は、すぐにサラダにしました。歯ごたえがあって、サンドイッチにすると、本当に
美味しい。豊かな味がします。

こういったお買いもの、とても楽しいです。

お料理が楽しくなりますし、よそ様のお宅ですが、土を触ることはとても気持ちよく。



b0305124_483966.jpg

by kuronekoryokan | 2013-10-02 08:00 | くろねこベジタブル | Comments(0)

オランダ、デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます☆


by shoko
プロフィールを見る
画像一覧