ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧

ハーブの王道 A Vogelを訪ねて


しばらく前になりますが、
植物療法のプロダクトを製造、販売している
A Vogel の収穫イベントに参加をしました。

当日は雨風がひどくて、キャンセル、多数
実は私だけが参加となり、
それでも二人の庭師が大歓迎をしてくださいました。

A Vogelの製品は欧州ではよくみかける自然療法サプリメントです。
日本でも輸入販売されている老舗。


b0305124_18482251.jpg
社名であるA Vogelは
スイス生まれの植物療法士では有名な
Alfred Vogel氏の名前からきています。

Vogel氏の思想や宗教的なつながり、オランダの会社との関係で当地にて
植物療法プロダクトが製造され
それは現在も受け継がれています。

A Vogelの製品で一番有名なのは
なんといってもエキネシアでしょう。
会社のおしるしにもなっている
エキネシアの花はAlfred Vogel氏にとっても特別な存在。

自然療法を愛するものにとって
免疫力を維持する、または上げるために
摂取することで有名です。


広大なハーブ畑、エキネシアや
カレンデュラが咲き、
他にも製品に含まれているハーブが
順序よく美しく植えられていて
うっとりしました。

そして、二人の庭師がカレンデュラの種を
採取するお手伝いをしました。





b0305124_18482555.jpg

本当は9名が参加予定だったのに
悪天候のため、8人が当日こないことに。

サンドイッチも用意してあったのに
参加したのは100キロ離れた町から来た
わたしだけ。
遠方のほうが近場の人より参加するという説は
本当のようです。


こうやってハーブの説明をしてくれたり
イチゴをつんでくれたり

いたれり尽くせりでした。



b0305124_18482845.jpg


こちらが採取したカレンデュラの種です。

カレンデュラはクリームにすると
火傷にもきき、重宝するので私もクリームは
いつも持っています♡


b0305124_18483191.jpg




こうやって製品に含まれているハーブが
寄せ植えされていて、
自然のおいしさを最大限に包んでくれているのが
わかります。


b0305124_18483476.jpg

さて、種の採取後は
庭師としばしお別れして

ハーブ茶作りへいきました。






b0305124_18483629.jpg

これもマンツーマンで、職員の方が
一緒にハーブガーデンに入り、説明をしてくださいます。

おいしいお茶が出来上がりました。



b0305124_18483913.jpg

欧州にお住まいの方ならばこの調味料は
どこかで見かけられたことがあるとおもいます。


b0305124_18484197.jpg
帰りはエキネシアの苗や
自社製品のサンプルをたくさんくださって

途中に食べてね、と

エキネシアの飴や
穀物コーヒーでできたケーキや
たくさんお土産を頂きました。



b0305124_18484404.jpg

実はかなりの僻地で
前日からB&Bに宿泊して
自転車を鉄道に持ち込んで移動し、
当地でも10キロちかく走らせて
到着しました。

帰りは
駅までおくっていくから、といってくださり

エキネシアのトラックに
わたしの自転車を積んでくれて

たくさんの親切に感謝。




b0305124_18484798.jpg
また来年くるね~とご挨拶してお別れしました。

この地はデンハーグから100キロは離れていて
簡単にいける場所ではありませんでしたが

それでもがんばっていってよかった。

いつも見ている製品がどうやって作られているのか
その思想はなんなのか、
知るのと知らないのとでは
大きな違いです。

さて、10月末の週末はベルギーにて
植物療法の勉強スタートです。
一年間の学び、もし続けることができれば
最後は南フランスでしばらく過ごすことになります。

今日、やっと宿泊の手配なども準備できて
ほっとしているところです。

自然豊かなオランダですが、ここには山がありません。
丘もありません。
ハーブの勉強をするのに、土地的に
ベルギーやイギリス、ドイツへいくことが
あります。

オランダにはオランダのいいところがあり
また他にもとても素敵なところがある、
それを知るのは幸せなことと思います。


A vogelの場所はこちらです♡

A.Vogel Tuinen
Eperweg 3-5
8084 RB 't Harde


by kuronekoryokan | 2017-10-19 05:57 | ヨーロッパの癒しスポット☆ | Comments(0)