ブログトップ | ログイン

Tree of Light オランダのオーガニックライフをお届けします。

デンハーグ市にある隠れ家的宿とヒーリングサロンを営んでいます。健康的な食べ物や植物療法を提案しています☆


by Shoko
プロフィールを見る
画像一覧

ドイツ、聖ヒルデガルド修道院に泊まるには?

聖ヒルデガルド修道院のウェブサイトです。
言語を選べるところが右下にありますので英語を選んでください。

b0305124_21325350.jpg


Hospitality is one of the main basic values of Benedictine life. Should you be interested in staying as a guest, you can contact us by letter, fax or e-mail. The daily rate for overnight accommodation and three meals is € 63.00 Euro.

ゲストとして宿泊してみたい場合は、手紙、ファックス、またメールでお問い合わせできます。
3食付きで一日63ユーロです。

連絡先はウェブサイトの右中央に記載がされています。
年中予約で埋まりますので、宿泊希望の際には半年前に連絡を取り始めたほうが
良いです。私は4か月前から連絡をとり、日程を調整しました。

自身がクリスチャンでなくても受け入れてくれます、ともに祈り、過ごし、平和な気持ちになることが
大切です。

*もし不明な場合は、こちらにメッセージいただくと、個別でお返事いたします。

この修道院にいってみたいな、と思われる理由の一つに最近、日本でもレシピ本が
でていて、健康志向の方がヒルデガルドのことをよくご存じです。
この修道院でシスターが今もなお、その食事に伝統を受け継がれているかというと
正直申し上げると、現代的な食事をされています。
金曜日はおさかな料理、土曜日は手抜き?日曜日の昼は御馳走にワインと
ランチはスープ、メイン、デザートとでてきますが、朝と夜はパンにチーズ、ハムだけです。
朝食にはスペルト麦のゆでたものがでてきます。

ただ、この修道院で学べる大切なことは、食事にメリハリとつけると
いうことでしょう。
朝も夜も、主食はパンです。それにちょっとだけ塗ったり載せたりして
頂くと、当然お腹もすいてきます。

朝はとてもお腹がすいています。そして、月曜日の朝はゆで卵が
でてきて、とても嬉しいのです。

月曜日の朝、卵を食べてがんばろうとか、ちょっと元気になる
魔法の一つですよね。

日曜日がごちそうなのも、ゆったりとおいしい食事を楽しむという
現代人が忘れてしまった習慣をなお守っておられます。

月曜日の朝、ゆで卵をみたときに、歓声をあげてしまいました。
本当にゆで卵、たべていいの?ってきいてしまいました。
そのくらい、朝はパンとチーズとハム、ヨーグルトだけ。
ちょっと特別な卵の存在にとても嬉しかったのです。

普通の暮らしも食事のパターンがなーなーになってしまって
喜びをもって食卓につくということが減りました。

この修道院は、そういった基本を体験できます。





by kuronekoryokan | 2016-07-14 21:31 | 癒しの旅 | Comments(0)